日本では犯罪になっちゃう!ベトナムでは大丈夫なこと!

しんちゃお!

蛇姫です。

昨今、良い意味でも悪い意味でもベトナム人が目立ってしまいます。

人助けをしたり、優秀な留学生として活躍しているのもベトナム人なら

豚を解体してしまったり、集団で脱走してしまうのもベトナム人だったり😢

ただ悪い方が目立ってしまうのが世の習いといいましょうか。

悪いことが目立ってしまい、ベトナム人=悪というイメージが日本人の中で持たれてしまうのはベトナムが大好きな蛇姫からすると残念でなりません。

もちろん本当に犯罪目的で来てたりする人もいるわけですが、中には犯罪と知らずにやってしまった・・

甘い口車に乗せられて日本に来たら現実が違ったということも多々あります。

(もちろん最初から日本で犯罪で稼ぐ目的で来てる人もいるようです・・。)

このブログで日本では犯罪だけどベトナムではオッケーなことをご紹介します。

これを読んだベトナム人の方は日本では絶対にやらないでくださいね。

最近ベトナム人お断りが増えているそうですが、ベトナムと日本ではルールや習慣が違ったりすることが多いのも原因です。 ベトナムではOKだけど日本ではだめなことをご紹介します。

野生動物を捕まえて食べること!

日本では基本的に許可されていない人や場所で動物を捕まえて飼ったり食べることは禁止されています。

これは

「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」という法律

で野生動物は保護されているので、基本的に一般市民は捕獲等は禁止されてます。

特別な許可を持った人だけが、捕獲を許されています。

なので、日本では例えば食料がないから公園の鳩を捕まえる→食べるというのは犯罪にあたります。

でもベトナムではオッケーなんです。

日本では鳩を食べることはないですが、ベトナムでは鳩食べたりするんですよ!

(鳩のおかゆは中々おいしかったです。)

なので時々ベトナム人(だけではないけども)が動物を捕まえて食べて、捕まったみたいたことがあるんですね。

まあ・・豚の事件はかなりびっくりしましたが・・

捕まえた動物は絞めるしかないですからね…

ちなみに日本でもネズミなどの害を及ぼす動物をは捕獲して処分してOKです。

でもすずめやら、野生のうさぎやら、奈良の鹿も捕まえて食べるのはだめですよ!!

スポンサードリンク

許可されてない場所での釣り、魚介類の採取

日本では所謂ここは釣りができますというところでしか釣りはできません。

もちろん法律が行き渡ってないところもありますが、漁師以外は禁漁の地域もたくさんあります。

でもベトナムではそういう概念はあまりないそうです。

原付二人乗り、バイク3人乗り

ベトナムでは原付で二人乗りしても咎められることはありません。

またバイクも大人はともあれ、子供なら5人乗りぐらいしてたりします。

猫も乗れちゃうようです↓( ;∀;)

でも、日本では完全アウトですよね。

(しかも子供だとノーヘルで乗ってるし・・)

またバイクでありえないほどの荷物を運ぶ・・

これもベトナム名物ですね。

ベトナムがバイク社会だからなんですが、日本ではありえないものをバイクで運んでます。

よくこれだけのものをバランスよく載せてバイクで運んでるなぁって感心します。

個人的にこの後継は大好きですが日本では完全なるNG行為です。

わかってるとは思いますが、日本では絶対しないでくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

まだまだベトナムは都市部と地方の格差が激しく、地方では動物は締めて食べるのは結構一般的です。

(お客さんが来ると、鶏なんかを絞めてごちそうしてくれる習慣があります。)

ベトナムでは日本以上地方と都市のに情報格差、教育格差、経済格差も激しく、

日本で犯罪を犯してしまうベトナム人の多くは、そういった地方出身で、日本のことをちゃんと教えてもらえなかった人であったり、

悪質なブローカーに騙されたりしてきた人も多いようです。

もちろん日本でちょっとやってやろうと考えてくる人もいるでしょうが、それは世界中どこの国でも数パーセントはそういう人がいますよね。

そういう人はやはり強制送還するしかないです・・残念ですが。

フィリピン人の集団がヤギを盗んだそうで↓

もちろんきちんとした機関から送り出されている技能実習生はそんなことしないですし、真面目に働いています。

多くのベトナム人は日本でしっかり勉強、働いて日本の経済にきちんと貢献してくれています。

一つベトナム人にアドバイスをするなら、日本で部屋を借りるときは

・汚さない

・騒がない(集まってもいいけど、時間を考えて)

・ゴミの分別に気を付ける

っというところでしょうか。

ベトナム人お断り!っが減っていくことを願っています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。