10月20日はベトナム女性の日

Xin chao

蛇姫です。

10月20日は何の日?

それは!ベトナム女性の日です!

このブログではベトナム女性の日についてご紹介致します。

ベトナム女性の日とは!?

日本ではあまり一般的ではありませんが、

3月8日は国際婦人デーというものがあります。

かつて女性が男性と平等と見なされていなかったころ、女性の地位を引き上げようとしたことが始まりですね。

これとは別にベトナムでは10月20日を女性の日と定め、大々的に国中で女性を褒めたたえます。

1930年10月20日に女性の地位を向上するために、ベトナムで初めて婦人の組合(現在のベトナム婦人連合会)が正式に設立されたので、ベトナム共産党が正式に記念日として定めたものです。

ベトナムでは女性は大事にされる!?

蛇姫がベトナムで住んでいて思ったのは、ベトナムの男性は、女性というか自分の彼女であったり、母親であったり、自分の身近にいる女性を大切に思う気持ちを隠さずに外に出します。

デートの時、こまごまとした取り分けなんかも男性がやってくれることが多かったのはびっくりしました。

ベトナムではレディーファーストができる、気配りのできる男性でないとモテないようなんです。

会社の送り迎えや、お弁当を作ってきてくれるマメな男性こそベトナムでは「ギャラン」(紳士的で素敵な男性)と褒めたたえられます。

ベトナムでハンサムと呼ばれるのはどんな人でしょうか。

実際わたくしも作ってもらってびっくりしたことがありました・・。

スポンサードリンク

妻が一番!!神は二番!!

ベトナムの諺で、「妻が一番、神は二番」という諺があるぐらい、家庭での女性の強さは半端じゃないです。

ベトナムの女性は総じて働き者で、一家の稼ぎ手でもあり、家事の責任者でもあり、家計の長は女性であることが多いので、結婚すると男性は奥さんからお小遣いをもらうシステムになることが多いそうな・・

またベトナム女性はいい意味では一途、悪い意味では束縛が強い女性が多いので、帰りが遅くなると鬼のように電話がかかってくることもしばしば(なところを見てしまいました。)

しかしそんなところが、ベトナム戦争時に旦那のいない中、一途に家庭を守ってこれた秘訣なんだと思います!!

こんな質問をしました。

蛇姫:「誕生日を忘れたらどうなるの?」

友達:「そんな恐ろしいことは絶対にしない。」

とのことでした。記念日を忘れた時点で第三次世界大戦が開始されると思いましょう。

ちなみにベトナム人女性の強さはこちらでチェック↓

ベトナムの歴史の中には男性に勝るとも劣らない勇敢な女性がいました。

女性の日は何をしてあげたらいいの?

さてベトナム人の彼女がいたり、ベトナムに住んでいる男性にとってこの日は職場の女性や、大事な女性に感謝を伝えるチャンスの日です!

ベトナムでは女性の日のためにお花屋お菓子、ちょっとしたアクセサリーなんかを贈っていますね。

めんどくさいなんて言わずに、ちょっとしたものを贈ると喜ばれますので、是非やってみてください!!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。