関ジャニ横山裕の恩師とのエピソード?壮絶な生い立ちとプロフィールも紹介

日本で今や「関ジャニ」を知らない人はいないはずです。

そんな関ジャニの人気メンバーである「横山裕さん。」

Image

ジャニーズとしての歌やダンスの資質はもちろんですが、大阪育ちならではのトークも人気です。

そんな横山裕さんの半生というのはかなり壮絶なものだったそうで・・

そんな半生の中で中学校時代に出会った恩師が横山さんの人生に与えた影響は大きいものだったそうです。

人気番組「あいつ今何してる?」で衝撃の秘話が明かされるということで、横山裕さんの壮絶な半生と、恩師がどんな方なのか調査してみました。

横山裕さんのWiki風プロフィール

本名:横山侯隆(きみたか)

生年月日:1981年5月9日(39歳)

出身:大阪府此花区

身長:176㎝

血液型:A型

所属:ジャニーズ事務所

活動期間:1996年~

もう40近いんですね・・。全然そんな風に見えない。

1996年:ジャニーズ事務所に入所

1998年:ドントウォーリーでドラマ初出演

2002年:関ジャニを結成

2004年:浪花節いろは節でメジャーデビュー

2007年:大阪の松竹座で初ソロコンサート

2010年:母親が急逝

2015年:初MCを務める

幼少期に両親が離婚・義理の父との関係

横山さんの名字、実は実の父のものではなく義理の父のものだそうです。

横山さんが3歳の時に両親が離婚し、しばらく母一人、子供一人で生活を送っていたそうなのですが、

5歳で母親が再婚したそうです。

いきなり「(義父の)横山さんが突然、僕に向かって『今日からお父さんと呼びなさい』と言ったのは覚えてます。衝撃でしたね。全然言えなかった」と話しています。

「お父さん」と呼べない横山さんを義父は「早く呼べ」と、頭をど突いたこともあったそうです。

再婚したものの決して幸せな結婚生活ではなかったようです。

更に弟が二人生まれた後、義父は弟二人には手を挙げず、専ら横山裕さんを殴る蹴るなどの虐待をしていたそうです。

ひどい時は棒で叩かれたこともあったそうです。

(一時期、横山裕さんだけ祖父母の元に預けられていたそうです。)

しかしそんな生活も母親が義父と離婚したことで終わったそうです。

スポンサードリンク

中学生の頃から家計を支えるためにアルバイト

義父と母親が離婚したことで、虐待はなくなったものの、片親だけでは収入が苦しかったので、関ジャニの横山さんは中学生になったと同時に建設会社でアルバイトを始めます。(すごい・・・。)

学校でもバスケットボール部に所属しており、大阪選抜に選ばれるほどの実力があったそうです!

アルバイトしながら部活をやる・・っというのは本当にすごい体力ですね。

中3でジャニーズJrに合格

中学3年生の時、関ジャニの横山裕さんのお母さんがたまたまジャニーズJrをテレビで見て、

「うちの子もいけるんちゃう?」っと思い、応募したら書類審査は合格。

面接では当時の審査員だったタッキーこと「滝沢秀明」さんに落とされそうになったそうなのですが、トイレで「ジャニー喜多川」さんに「You,舞台観に来る?」っと言われ奇跡的に合格したそうです。

修学旅行でガムを噛んで大騒ぎ?

無事ジャニーズに合格した横山裕さん、しかしまだ中学生です。

学校も通い、建設のアルバイトもし、ジャニーズのレッスンを受け、本当にハードな毎日を送っていたそうです。

そんな中で行った修学旅行でガムを食べてしまったことが大問題になったそうです。

(詳細なエピソード番組が放送後に追記します。)

そこで恩師に大激怒されたそうなのですが、複雑な家庭事情から中学生にしてアルバイトをし、ジャニーズJrとして活動している横山裕さんを恩師は温かく見守っていたそうです。

決してみんなの前では苦労を見せない彼の性格を人一倍心配していたようです。

スポンサードリンク

定時制高校に進学も1年で中退

横山裕さんは「早く自立したい。母親に楽をさせたい。」っという思いもあり、全日制高校には行かず、定時制高校・西野田工業高校に在籍し、アルバイトしていた「建設会社」に就職したそうです。

しかしジャニーズの仕事が忙しくなったことと、ジャニーさんに「ジャニーズの仕事は夢を売ることだから建設会社の仕事はやめたほうがいい。」っと注意を受けたことから、半年ほどでやめたそうです。

しかし勤務態度も真面目で同僚にも慕われていた横山さんのことを社長は、「芸能界の仕事がだめになったらいつでも戻ってきていいよ。」っと背中を押してくれたそうです。

高校も1年で中退し、肉体労働などのバイトを掛け持ちしながらジャニーズJrとして活動し、

2004年についに「浪花いろは節」でメジャーデビューを飾り、そこから一気に人気アイドルの階段を駆け上がります。

ちなみに猛勉強の末、高卒の認定試験に合格しているので学歴としては高卒と同等です。

母親が急逝・弟の面倒を全部見る

横山さんのお母さんは2010年に癌で急逝しています。

それが伝えられたのはなんと青森でのコンサートの4時間前のことだったそうですが、コンサートは予定通り行い、後日の葬儀で大泣きしたそうです。

お母さんの癌が見つかった後に義父は逃げるように離婚し、弟二人は児童養護施設に預けらざるを得なかったそうなのですが・・

「俺が独立するまで面倒みる。」っと言って、弟二人の学費や生活の面倒をずっと見ていたそうです・・。(+_+)

なんていいお兄さん・。

本当にそんな苦労をまったくテレビには見せない横山裕さんですね。

まとめ

現在は後輩のために舞台・コンサート演出なども手掛けているそうで、活動の幅はアイドルだけではなくなっています。

天国でお母さんも誇らしく見ているのでしょうね・。

恩師との詳しいエピソードやガム事件の真相は番組後nお楽しみですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。