ベトナムでびっくりしたけど食べてみたら意外とおいしかったもの

Xin chao!

蛇姫です。ベトナムに初めて来た頃・・

え?っと思うような食べ物が色々とありましたが、

食べてみたら意外と美味しかったものが多数ありました。

そこでベトナムへ行く日本の皆さんには食わず嫌いにならず是非食べてほしいと思いましたので、ご紹介いたします。

アボカドのスムージー

日本でアボカドと言えばサラダに使うもので、野菜感覚で食べますよね?

蛇姫は醤油につけて食べたりするのも大好きですが・・

ベトナムではまさかアボカドを醤油につけて食べるなんてことはしません。

アボカドはベトナムではスムージーにするもの!!

なのです!

アボカドを切って、砂糖とかき氷をちょっとミキサーに入れれば

ベトナム名物 Sinh To Bo の完成です!

ベトナムは南国なのでアボカドがたくさん取れますが、日本で食べているメキシコ産のアボカドとは違い、実が若干固いので、日本みたいな食べ方はおすすめしませんが、

スムージーにするとおいしいですよ!(#^^#)

是非試してくださいね!

甘い豆腐

ベトナムで発見したのは、

デザート用の甘い豆腐があったことです!(もちろん料理用もあります。)

豆腐のデザートのみを扱ったお店もあったり、

喫茶店や路上なんかでも売られていたりして、

1つ100円~っというリーズナブルでおいしいデザートでした(#^^#)

温かいのと冷たいのと両方あって、蛇姫は温かいのが好きでした!

スポンサードリンク

唐辛子醤油

ベトナム人はごはんのお供に・・

唐辛子醤油をつけます。

ソース画像を表示

そう・・醤油に唐辛子を刻んで入れたやつ!!

これに色々つけたり、すごい人はこれをご飯にかけたりして食べてましたけど・・

日本で食べるならいざ知らず、年間平均気温35度のホーチミンで食べるとなぜかおいしい・・

っというか基本的にベトナム料理は薄味なので、唐辛子を入れた方がアクセントが効いておいしくなる!!

っという体になって2年目からはベトナム人のようになんにでも唐辛子を入れました。

スープや鍋に入ったパイナップル

ベトナムのスープは日本のに比べると甘酸っぱいものが多いです。

その甘酸っぱさを何で出すかというと・・

パイナップルです!!

ソース画像を表示

ベトナムの鍋やスープにはかなりの確率でパイナップルが入っています。

最初は「スープにパイナップル!?」ってびっくりしましたが、

これも灼熱のベトナムで食べれば、その甘酸っぱさが癖になっておいしいのです!

パイナップルは自然な甘酸っぱさを出すには最適な調味料ということを発見してしまいましたね!

まとめ

いかがでしたか?

これはベトナムで食べたからおいしい!!っと感じたのかもしれませんけど!

食わず嫌いはやめて、みなさんもトライしてくださいね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。