元従軍慰安婦の本音【日本には感謝しています】

「日韓合意の話を聞いたときは、『ありがとうございます』という気持ちでした。(日本が拠出した)10億円は日本国民の税金だから日本国民にも感謝しています。辛い人生だったけど、支援金ももらって少しだけ心が軽くなった。多くのハルモニは、市民団体の外にいることを知って欲しい」

ヤフーニュース

これ誰の言葉と思いますか?

元慰安婦だった韓国人女性の言葉です。

2015年に日本から10億円をもらって元慰安婦のおばあさんたちに1億ウォンずつが渡されることになりました。尹美香から電話が来て、こう言われました。『おばあさん、日本のお金はもらわないでください。挺対協にお金が入れば、私たちから渡します』と話すのです。元慰安婦が絶対に受け取ることができないようにしたのです。私は悔しくて『受け取る』と言いました。

ヤフーニュース

これも同じ人の言葉です。

中々テレビでは映らない部分ですが、

日本に対して感謝している元慰安婦の人の言葉です。

慰安婦問題のあれこれ

日韓問題で長年暗い影を落としている「従軍慰安婦」の問題ですが、

近年では、

日本が国家的に女性を強制的に連れて行った

という事実がないことが言われるようになったり、

まあ色々ですが・・

(それについてはデリケートな部分なのでここでは論じません。)

戦争中の韓国への賠償は、

1965年に締結された「日韓基本条約」で終わっているはず・・

【両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、

権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、

1951年9月8日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。】

日韓基本条約第二条

っということが言われていますが、

それはそれとして、

韓国の元従軍慰安婦の支援団体の不正が最近になって明るみになり

韓国国内でも物議を醸しています。

慰安婦支援団体「挺隊協」とは?

「挺隊協」というのは

「韓国挺身隊問題対策協議会」の略称で、

元従軍慰安婦の女性たちを支援してきた(と言われる)団体です。

韓国で毎週水曜日に日本大使館の前で行われている

「水曜集会」の主導している団体です。

水曜集会では日本大使館の前で

「慰安婦に対して謝罪せよ!」とか

「賠償せよ!」とか

「日本は正しい歴史教育を実施せよ」

っというような抗議活動が行われています。

韓国で最もメジャーな反日団体で、

長い間韓国で絶大な発言力を持っていました。

しかし、そんな挺隊協に対する不満や不信感がここに来て爆発しています。

スポンサードリンク

挺隊協元代表の尹美香(ユンミヒヤン)の不正

さて記事によると

長年、元慰安婦たちを“支援”してきた「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協。現・正義記憶連帯)の元代表で、今年4月の韓国総選挙で当選し国会議員に転じた尹美香(ユン・ミヒャン)氏が、市民団体から背任容疑で検察に告発されたことが報じられた。尹美香氏が代表を務めていた2013年、元慰安婦の療養のためという名目で、寄付金を使ってソウル近郊の不動産を当時の相場より高値で買い取ったこと、その不動産は夫の知人を通じて購入したことなどが問題視されている。

っと、慰安婦のために集められた寄付金を不正使用していたことが明らかになり、

元慰安婦からも、

韓国国内からも大バッシングを受けている状態です。

これだけではなく、

この「挺隊協」のことを

「元従軍慰安婦の方々」を食い物にしている

っという批判がなされています。

韓国検察、尹美香・元慰安婦支援団体代表を直接捜査へ(中央日報日本語 ...

弾劾されたユン・ヒャン氏

韓国系の教会の勧誘についてまとめました。

次ページ 元慰安婦のためと言いながら・・?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。