ベトナムの歴史を勉強しよう!【様々な王朝が交代した1000年① 十二使君から丁朝へ】

Xin chao!

ベトナムの歴史、紀元前から中国から独立するまでの1000年を歴史上の英雄と共にまとめてみました。

ベトナムは中国から独立するまで1000年戦い続けたことと↑

中南部にはかつて

「チャンパ王国」というインド系の文化をもった国が

あったことはこちらで解説いたしましたね。↓

かつてベトナムにあったチャンパ王国の歴史!!どのように起こり、どのように衰退していったのでしょうか?

こちらでは、中国から独立した

十二使君時代から解説したいと思います!

ちょっと長くなりますが、最後までお付き合いください。

独立したベトナム でもまとまらない

939年に南漢軍を打ち破った

ゴ・クエンによって、ベトナム初の王朝である

呉朝が開かれます。(939年~967年)

しかしこの時点でのベトナムは、

各地方の有力な豪族がそれぞれ力を持っている状態で。

ゴ・クエンが生きている間はまだよかったのですが、

944年にゴ・クエンが病死した後、

ベトナム(安南)は多数の土豪が並立する群雄割拠の時代に入ります。

ゴ・クエンの親族たちの動き(944年~965年)

944年に呉権の義兄弟である楊三哥(ズオン・タム・カー)という人物が

ゴ・クエンからは「息子たちの補佐してほしい」

っという遺命があったのにも関わらず、

王位を簒奪して、自ら平王(ビンヴオン)を称します。

(まあ、いつの時代もありがちなお話ですね・・)

そんな王が各地の豪族の支持を得られるわけもなく、

各地の有力な豪族は、次々と呉朝からの独立する動きを見せます。

950年に呉権の次男ののゴ・スオン・ヴァンは将兵の支持を得て

ズオン・タム・カーを倒し!

王位を回復します。

ゴー・スオン・ヴァンは都・コロア(現在のハノイ市ドンアイン県)

から出奔していた兄の呉昌岌(ゴー・スオン・ガップ)を呼び寄せて共同統治を行います。

(兄弟の仲が良くて良かった!)

954年にゴー・スオン・ガップが亡くなると、単独統治を行います

が・・・・・

どちらにしても呉朝の支配力は弱かったので・・

内部矛盾を抱えた呉朝の国力は衰退していく一方でした。

965年に、ゴー・スオン・ヴァンは、

大羅北西部で発生した反乱の鎮圧中に戦死してしまいます。

やっと独立してできた王朝は、わずか20年あまりで終わってしまいます。

(*’▽’) まとまるのって難しいねえ

スポンサードリンク

十二使君の乱(965年ー967年)

ゴー・スオン・ヴァンの死後に

ベトナム(安南)は12人の有力な土豪が互いに争う十二使君時代に突入しました。

(本当に12人いたんですけど、名前は割愛します。)

966年にゴー・スオン・ガップの子である

呉昌熾(ゴ・スオン・シー)が

「呉使君」を称します

でも、呉氏の王権はすでに有名無実化していましたので・・

当然他の使君は従わず・・

呉氏は十二使君の中の一勢力として扱われ、

他の使君と同じく、後に丁朝を開く・・

丁 部領(ディン・ボ・リン)によって平定されちゃいます・・

ベトナム語オンライン教室生徒募集中↓

1レッスン800円~

ユースフルオンラインベトナム語教室




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。