ベトナムで聞いたちょっと面白い日本語のエピソード

Xin chao!

蛇姫です。

みなさんお元気ですか?

蛇姫はとてもピンピンしています!

みなさんは外国語を勉強していますか?

蛇姫は英語とベトナム語を今も勉強していて

それから過去には韓国語やアラビア語も勉強したことがあります。

外国語を勉強すると・・

外国語を話すことの難しさを実感しますよね!

ベトナム人が日本語を勉強する場合も一緒です。

このブログでは蛇姫が聞いた、ちょっとおかしかったベトナム人の

日本語をご紹介します。

決して馬鹿にしているわけではありませんよ!

ベトナムで経験した面白いエピソードをまとめています。

先生の体は狭い

みなさんの体って

どのぐらいの厚さですか?

蛇姫の体は、一般女性ぐらいだと思います。

剣道をやっているので若干たくましいかもしれませんね・・。

しかし蛇姫の恋人の体は

かなり薄いんです・・。(蛇姫より薄い)

一般女性よりも薄いのだから、その薄さに驚かれる方もいると思うのですが・・

蛇姫のある学生は、

その体のことを

「先生の体は狭いです。もっと食べてください。」

(‘◇’)ゞ

狭い?狭い?

ああ!薄いか!!

「狭いじゃなくて、薄いだよ。」

っと後で訂正しましたが・・

確かに狭いという表現もあたっていますね( ´∀` )

体が狭い・・。

スポンサードリンク

頭大丈夫ですか?

みなさんは、

頭が痛いと思われる人になんとお声がけしますか?

「大丈夫ですか?」

っとかけるでしょうか?

決して

「頭大丈夫ですか?」とはかけないですよね?

みなさんもご存じの通り、蛇姫は剣道やっていまして

ベトナムでも剣道を教えていました。

ベトナムで剣道を普及するべく奮闘していた蛇姫は

しばしば学校の文化祭や、現地のスピーチコンテスト等で

学生と共に剣道を披露していたのですが

もちろん打つのは学生!

受けるのは私たちでございました。

スポンサードリンク

大声と打つのにびっくり!

日本人なら剣道を見る機会もあるので、

剣道は大声を出して、相手をバシバシ打つことは知っていますよね?

でも、ベトナム人にとってなじみのない剣道

初めて見る人は・・

まず大声を出すことにびっくりして

笑います。

その後、あまりにも打撃が多いので、

びっくりしてキャーキャー言う女の子もいます。

防具をつけているとは言え、大声でバシバシ打たれる姿は

衝撃的だったんでしょうね・・。

発表の後、同僚のベトナム人が

同僚:「先生頭大丈夫ですか?」(*’▽’)

私:「OH・・・その日本語は正しいけど正しくない。」

彼女は、面をたくさん打たれる姿を見て

頭がさぞ痛かろう・・っと思ったんでしょうね(*ノωノ)

しかしその日本語だと

あなたの頭はおかしい、脳みそ大丈夫か?

っと言う意味になることを説明して

ただ

「大丈夫ですか?」

とか

「頭痛くないですか?」

っと言えばいいことを説明しました。($・・)/~~~

わかってくれたかなーー

まとめ

いかがでしたか?

間違えている本人は全く悪気はないし

むしろ一生懸命伝えようとしているんです。

私たちが一生懸命外国語で話すときも同じですよね?

皆さんも外国の方が日本語を間違えたら

やさーしく訂正してあげましょう!

ではでは!

ベトナムで経験した面白いエピソードをまとめました。

ベトナム語オンライン教室始めました!

ユースフルオンラインベトナム語教室

今なら無料体験レッスン行っています!

↓お問い合わせも受け付け中です!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。