ベトナムでの兵役生活②【過酷な訓練編】

Xin chao!

蛇姫です!

さて前のブログでは

高卒の子が兵役中はどんな生活を送っていたか・・

っということについてまとめました。

ベトナム男子が経験する兵役ってどんなもの?

今回のブログでは

どんな訓練をしていたかです!

詳しーくご紹介します。

毎朝ランニングと筋トレ

やはり軍隊と言えば・・

走る!

筋トレ!

この2大訓練はどこでも欠かせない物でしょうね。

朝起きたら点呼して・・

まずランニングしていたそうです。

距離はよくわからないですが・・

ランニングして

その後は

腹筋・背筋・腕立てなどを

100回ぐらい?

したそうです。

腕立ては慣れてくると片手で行っていたそうです。

久しぶりに会った時は・・

たしかにムキムキになっていましたね( *´艸`)

(今はもとに戻っちゃったけど)

スポンサードリンク

川の中に入る訓練

みなさんベトナムの川ってどんなイメージあります?

メコンデルタツアー#ベトナム#メコン川#海外旅行#観光#クルージング ...

お世辞にも綺麗とは言えない・・

どちらかというと泥水?

(しかしこの川が氾濫することで、肥沃な土地が生まれ・・

二毛作ならぬ三毛作ができちゃうんですけどね!)

この中に入って泳ぐ訓練をしたそうです。

もちろん、泥水飲んじゃったそうです。

お腹大丈夫だったのかなあ?

ベトナムの学校では泳ぎはあまり習わないはずだから・・

泳げない子どうしたんだろう・・?

1個100キロの砲弾を抱えて走る?

大砲の砲弾って1個何キロなんでしょうか?

蛇姫の学生は大砲の部隊だったそうで、

この砲弾が一つ100キロ近くあるそうで、

それを二つ抱えて走ることが求められたそうです・・( *´艸`)

本当なのか冗談なのかわかりませんが?

あの腕のたくましさは、筋トレと

砲弾を抱えて走ることから生まれたんでしょうか?

↓訓練の様子

dien tap quan khu.flv

↓ベトナム軍が特集されてました。ベトナム語ですけど、雰囲気はわかるかも

Video tuyệt đẹp về sức mạnh Quân đội Việt Nam qua các cuộc diễn tập quy mô lớn

ベトナム軍はそこまで最新の兵器は持っていないので、

これよりは旧式の大砲を使っていたので

砲弾も大砲ももっと重い物でしょうね・・

ちなみに大砲を打ちすぎると・・

耳から血が出てくるそうで・・(*´Д`)

それがおかしくておかしくて爆笑したそうです。

100キロ行軍

さて、そんな中でもきつかったトレーニングは

フル装備で100キロ行軍

(100キロなのかどうかはわからんけど)

したときだったそうです。

普通に100キロ歩くだけでもきついと思いますが・・

あの軍隊のフル装備で

月刊アームズマガジン公式web - HobbyJAPAN

写真はイメージです。

不眠不休で100キロ進む・・

っという行事です。

栄養補給はバナナだったそうです。

たしかに戦場ではこの格好で動かないといけないですからね・・

そういった訓練も必要なんでしょう。

スポンサードリンク

1か月シャワーができないことも・・

さて野外訓練が続けば・・

シャワーなんて贅沢なものはありませんから

大砲の訓練や

サバイバル訓練が続くと・・

1か月シャワーができないということもあったそうで・・

もちろん着替えもないので

着の身着のまま・・

(*ノωノ)

水は貴重品ですから、体を洗うのに使うなんてできません・・。

2週間も経つと匂いも気にならなくなるそうです

(剣道も同じか・・?)

なんかこんな経験したら、普段の生活でさへ・・

パラダイスになりますよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみにベトナムでは

現在の兵役は↓

◇入隊時期:2~3月
◇兵役期間:24か月
◇兵役対象:18~25歳の男性(自ら志望し、軍にも需要があれば、18歳以上の女性も可)

出典:Viet-jo

っと18歳以上の男子は行かなくてはならないことになっています。

全員が全員こんな訓練を受けるわけではないですが・・

こういった訓練を受けた若い子たちがいる国は・・

今後ものすごい強くなるかもしれませんね!!

ちなみにこの訓練を受けた彼は、

元々立派でしたが、さらに立派な男になって帰ってきて

なんだか誇らしくなったのを蛇姫は覚えています。

徴兵制に賛成するわけじゃないですけど・・

人間一度はこういう経験も必要かもしれませんね!(特に男性は!)

↓ベトナム語教室始めました!

1レッスン900円~

今なら無料体験レッスンもあります。

ユースフルオンラインベトナム語




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。