4月30日はベトナムにとって何の日?【ベトナム戦争とサイゴン陥落】

Xin chao!

みなさん4月30日は何の日でしょうか?

ベトナムでは

「南部開放の日」と言われています。

あのベトナム戦争終結の日です。

ベトナム戦争報道写真「安全への逃避」沢田教一 : 一語一絵

ベトナム戦争を代表する写真「安全への逃避」

ベトナムの歴史の中にも、世界史の中にも色濃く残る

泥沼化し、多くの人が亡くなった

ベトナム戦争・・

それが終わったのは1975年4月30日のことでした。

この日は

北ベトナムにとっては勝利の日

南ベトナムにとってはサイゴンを失った日になりました。

今日はベトナム戦争と

サイゴン陥落について、ベトナムが統一するまでのことをまとめてみました。

中にはショッキングな画像や文章があると思いますが

歴史的な事実を語る上で欠かせないと思いましたので

使わせていただいております。

まずベトナム戦争の背景とは?

ベトナム戦争は

1955年11月

から

1975年4月30日に戦車がサイゴンの統一会堂に突入したその時まで

20年にわたって続いた、世界史でも稀にみる泥沼化した戦争でした。

しかもこれは

当時世界を二分していた

アメリカ側の資本主義陣営

ソ連側の社会主義陣営

との

戦争を

ベトナムという地で行った・・

という代理戦争でもありました。

代理戦争等言うのは、自国同士で行わず

他国を背景から支援して、自国の領土を破壊しないで行う戦争のことです。

構図はこんな感じです↓

北緯17度線で南と北を分け、ベトナムが二分していました。

南側には、アメリカを中心とした資本主義の国がつき、

(日本もアメリカに対して軍事協力を行っていました。)

北側には、ソ連を中心として、中国や北朝鮮などがつき、軍事支援を行っていました。

スポンサードリンク

なぜ南は資本主義陣営?北が共産主義陣営?

さて多くの方が疑問に思っているのは

なぜ南が資本主義側で

北が共産主義側だったのかと言いますと

端的に言うと

南側で政権を握った

Ngo Dinh Diem - Thumbnail - ARC 542189.png

Ngô Ðình Diệm(ゴー・ディン・ジエム)大統領

は反共主義者でした。

当時、東南アジアでは社会主義が広まりつつありました。

(カンボジアや北朝鮮やラオスなんかがそうですね。)

東南アジアの共産化を防ぎたいアメリカと

ベトナムの共産化を阻止したいジエム大統領との

思惑が一致したため、ジエム大統領はアメリカのバックアップを取り付けることに

成功しました。

一方北側には、

ベトナムで今も建国の父とされる

Ho Chi Minh 1946.jpg

Hồ Chí Minh(ホーチミン)主席

が社会主義思想を中心とした国家を樹立し、

ベトナム統一に向けて動いていました。

ホーチミン主席はベトナムがフランスからの独立を決定的にした

インドシナ戦争(1946-1954)で、

強い指導力でフランスをベトナムから駆逐しています。

しかし、ベトナム戦争では、

南ベトナムとは平和的な統一を望んでいたと言います。

彼は1969年に祖国が統一することを見ることなく亡くなっています。

彼についての評価は色々ありますが、

今のベトナムがあるのは、この人がいたからであると思います。

非常に頭が良かったそうで、英語・フランス語・中国語などが堪能であったそうです。

1レッスン900円~受けられるベトナム語オンライン教室のご案内!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ベトナムに行った時、クチトンネルにも行きました。
    当時、村人たちが必死に戦ったのを実感しました。
    博物館(だったかな?)にも行き、ホーチミンの銅像もみました。
    ミュージカル「ミスサイゴン」も何度か見ました。
    でも、戦争は悲劇しか生まないので、どんなことがあっても戦争は避けるべきだなと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。