ベトナムで面白くてほっこりしたエピソード⑥その2

↓その1を読んでいない方はさきにこっちを読んでください。

ベトナムで体験した面白いことをまとめています!

さて、大晦日が明けて朝になると・・

お正月の1日がスタートします。

日本でも1年の計は元旦にあり!

っと言いますけど、ベトナムでも1月1日の過ごし方は大切です。

干支が同じ人は縁起が良い?

さてベトナムでは

年明け最初のお客さんの干支が店主と同じだと

1年間商売がうまくいくという言い伝えがあります。

なので干支が同じ人にお正月訪ねてもらうという風習がベトナムではあります。

蛇姫の恋人は辰年で、

ちょうど学生のお父さんと干支が同じだったので、

「是非新年最初のお客さんになってほしい。」っということで

新年の朝早々、お店のコーラを二本買って飲んでおりました!

恋人によると

「朝からコーラ二本はきつかった。」(1リットル)

とんもことでした(*’▽’)

1本じゃだめだったんでしょうか?

正月の朝は激アマのチェー(善哉)

さて、新年のあいさつが済むと、

家族で新年最初の食事をとります。

その食事というのが

「激アマのチェー」

TAPICOで作る、ベトナムスイーツ「チェー」 | cotta column

写真はイメージです

でした。

中身が何だったのか覚えていませんが、とにかく甘すぎて・・

例えるならコーヒーカップに大匙10杯砂糖を入れた水を飲む感じ?

茶碗1杯食べるのが精いっぱいだったんですけど・・(*’▽’)

なぜこのような激アマのものを新年最初に食べるのか言うと・・

「一年間このチェーのように甘いことばかりが起きますように」っということだそうで!

(*’▽’)

蛇姫も恋人も茶碗1杯しか食べれなかったので、

茶碗1杯分の甘いことが起きたかもしれません・・。

ちなみにその前の年に来ていた違う日本人の男の子は3杯食べたそうです。

彼にはものすごい甘いことが起きたんでしょうか・・?

スポンサードリンク

親戚回りで大歓迎!

さて、蛇姫が滞在したDacLacはベトナム中部の町で

少数民族の方も住んでいる

大変空気もおいしい

どちらかといえば田舎のほうなんですけど

外国人がわんさかいるホーチミン市とちがい、

DacLacでは外国人はけっこう珍しいです。

そして、

その珍しい外国人がテトに訪れる=1年間珍しく良いことが起きる!

っと解釈され

どこでも歓迎されますので

珍しいことをもたらす要因の私たちは当然のごとく、

親戚回りも共に行きます!

飲んで歌って食べる

さて、回った先では

「よく来たよく来た!さあ飲め、さあ食べろ!」

の繰り返しなわけです。

蛇姫は新年だから新しいアオザイを新調して着たのに・・

アオザイが壊れチャウ!!

っと思いながらその思いを無下にしないよう

必死で食べて飲みました。

だんだん酔っぱらってふにゃふにゃになる日本人の女を

ベトナム人は面白がっておりました。

そしてなぜかどこに行っても

「歌って!」

っと言われるもんですから、

蛇姫の知っているベトナム語の歌を1日に3回ぐらい歌いました。

ベトナム人はなんで外国人が歌うのを見るのが好きなようですから

皆さんもベトナム語の歌を1曲は覚えてみてください(*’▽’)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、結婚式

テトとは関係ないけど、文化祭でベトナム語の歌を披露する蛇姫です。

朝起きて10分でビール

さて、もちろん蛇姫たちが過ごしていた家にもお客様たちは来るわけです。

連日の宴会と歓待で胃と肝臓が悲鳴を上げているので

朝もなかなか起きれないのですが

ある日の朝

「お客様来たから、起きて相手してーー」

っと朝7時ぐらいにお母さんに叩き起こされまして

顔を洗って着替えすぐにリビングに行ったら

「おー日本人!まあまあ一杯」

とお客様にビールをコップ1杯なみなみ継いでいただきました!

( *´艸`)

蛇姫も恋人もお酒は大好きなのですが

今思い出しても

「あの時のビールが人生で一番つらいビールだった。」

と思っております。

起きて10分でビールは・・ねえ

最後までお母さんはお母さん

そんなこんなで4日ほど学生の家で

はちきれんばかりに食べて飲んで過ごした蛇姫と恋人は

バスでホーチミンに戻る日がやってきたわけですが、

帰る前に

「ホーチミンに帰っても食べるものないだろうから

これを持って帰りなさい!」

っと

でっかい

Banh tet

Sticky Rice and Mung Bean Cakes (Banh Tet) - Easy Recipe with Video

を2つお土産に持たしてくれました(*’▽’)

ベトナムのテト中に食べるものをご紹介!

最後までお母さんですね。

お土産を手にしつつ、

またあのベトナムの長距離バスで死にそうな思いをしながら帰った蛇姫と恋人でした・・

ベトナムの高速長距離バスで死ぬような思いをしたことをまとめました。

まとめ

いかがでしたか?

あの時ははちきれんばかりのお腹になって勘弁してー

って思ったけど

こうやって振り返ってみると

ベトナム人の精いっぱいの歓待を受け

習慣を身をもって体験したことは本当に貴重な経験でした。

お母さんたちに恩は返せないけど、

日本にいるベトナム人に精いっぱい優しくしてあげたい

っと思う蛇姫です( *´艸`)

ベトナム語オンライン教室やってます($・・)/~~~

生徒さん募集中です!

初回体験は無料!

1レッスン900円~

1レッスン900円~受けられるベトナム語オンライン教室のご案内!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。