ベトナムや台湾が日本にマスク寄贈!封じ込めに成功した国は何をしたの?

Xin chao! 日本でのコロナ感染者は1万人の手前・・ 緊急事態宣言の範囲も広がりつつあります。 しかし、ここでしっかり自粛して後に尾を引かないように! そして政府は国民が最低限の生活ができるように 迅速な対応をお願いいたします! 後々頑張って働けば経済は回復できますが、 命を落としたら元も子もありませんからね。 さて、蛇姫の大好きな国である ベトナムと台湾からマスクが日本に寄贈されました。

ベトナム政府は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く日本に医療用マスク5万枚と10万ドル(約1千万円)相当の医療物資を提供することを決め、首都ハノイで16日、寄贈式が行われた。日本大使館の麻妻信一次席公使は「効果的かつ貴重な支援だ。大切に活用する」と謝意を表明した。 ベトナムの感染者は300人未満にとどまる。これまでにイタリアやフランス、ドイツなどへのマスク寄贈も表明し、友好関係の強化に向け外交攻勢を続けている。(共同) 出典:産経新聞

台北中央社)台湾の政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援しようと、日本にマスク200万枚を寄贈する。台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長が16日、政府を代表し、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(大使に相当)に目録を手渡した。物資は近日中に日本に発送され、第一線で働く日本国内の医療従事者に提供される。 贈呈式は交流協会台北事務所(台北市)で行われた。台湾日本関係協会が出した報道資料によれば、日本で院内感染が相次ぐ中、台湾に医療物資提供を要請する声が超党派議員連盟「日華議員懇談会」(日華懇)や多くの民間団体から寄せられていたという。関係協会は台日双方の防疫協力を強化し、「Taiwan can help, and Taiwan is helping」(台湾は手助けできる。手助けしている)の決意を貫徹するとしている。マスクは日華懇を通じて日本に贈られるという。 交流協会は報道資料で、「心より感謝を申し上げます」と謝意を示した。さらに、感染症の拡大抑止には「地理的な空白を生じさせることなく、各国が協力して対応していくことが非常に重要」だとし、台湾が世界保健機関(WHO)をはじめとする国際社会に参画できるよう、引き続き強く支持していく姿勢を示した。 出典:フォーカス台湾

ありがたいことですね。 台湾もベトナムも日本にとって本当に大切な国! このことは決して日本人は忘れてはいけないことですし、広く周知するべきことです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。