ベトナムで経験した面白くてほっこりするエピソード③

Xin chao!!

日本の主要都市ではいよいよ緊急事態宣言が出されました。

緊急事態宣言は強制力は強くないですけど。これが出たということは、我々日本人は事を重大に受け止めなければならないですね。

しかし、笑うことは体の免疫を高める一番良い方法です。

今日もちょっと笑っちゃったベトナムでのエピソードをお届けします。

スポンサードリンク

その1 君の靴は君の足にあっていない。

エピソード①にも出てきたあの優しくてお節介な彼女持ちの彼

ベトナムで経験した面白いエピソードをまとめました。

彼は会うたびに私の体の不調を見抜いてしまう人で😂

心配かけるのもいやだった私は不調はいつも隠してたんですけど、やっぱり見抜かれちゃう。

この日は私の足は靴ずれをおこしていました。

剣道をするときはどうしても裸足にならないといけないので、

私の足を見た彼は

すぐにつかつか寄ってきて

「どうしたんだ、その足は!君の靴は君の足に合ってないじゃないか?新しい靴を買わなきゃだめじゃないか。明日靴を買いに行こう!ただし僕は女の子の靴はわからないから、僕の彼女と行ってきて!」

(*´ω`*)

「あっ、はいわかりました。君の彼女ちゃんと行くね。」

後日、彼の彼女ちゃんと靴を買いに行きました。

その2 彼女が日本留学中に

さて、優しくてお節介な彼の彼女ちゃんは、大変頭が良く一年ほど日本に留学しに行っていました。

(今、2人は無事に結婚してますよ)

その間、私は彼君とよくご飯を食べに行ったりはしてました。

(変な意味ではなく)

そんなある日彼君は

「今週、僕の田舎に一緒に帰ろうよ!」

(*⁰▿⁰*)

「え?」

彼女ちゃんいないのに2人で帰るの?

いいのかそれ?

いや君を疑ってるわけではないが、日本なら大問題😂

考えてください。

彼女ちゃんが日本にいる間に、外国人の女の子をお泊りで実家に連れて帰るのは大問題でしょう(°▽°)

日本では完全アウトや!

私は

「彼女ちゃんもいないのに、それ大丈夫?」

っと聞いたら、

「大丈夫に決まってるじゃないか、何を言ってるんだ。じゃあ週末帰るよー。」っと言われ

彼君の田舎にバスで三時間かけて帰りました。

お家に着いても、お父さんもお母さんも普通にお迎え

夕飯を食べてる間に彼女ちゃんとテレビ電話

「蛇姫ちゃーん、元気?」っとまぁ普通。

うん、ベトナムでは良いのだ!

気にしない!

っという結論に至りました。

ちなみにその日の夕飯は鶏を丸ごと捌いて、おかゆにしたり、茹でたりしてくれました。

美味しかったなぁ

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

日本よりもオープンで、男女関わらず仲良くなったらお家に遊びに行く!

っていう感じ

ベトナム人にと仲良くなって招待されたら、深く考えずに遊びに行ってくださいね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。