全日本剣道選手権大会三連覇なるか?西村英久選手のプロフィール【経歴や性格】【Wiki】【結婚】

剣道の世界で最も重要な大会である、全日本剣道選手大会が2019年11月3日に行われています。

今年で第67回目を迎え、数多くの名試合を生みました。

そして、今年は何と日本剣道史上初の、

全日本剣道選手権三連覇!

がかかっている選手がいます。

西村英久選手

です。

さて、この方は一体どのようなお方なのでしょうか。

気になりすぎますので、蛇姫はできるだけ詳しくまとめました。

スポンサードリンク

Wiki風プロフィール

西村英久

1988年生まれ

大分県中津市出身

緑ヶ丘中(大分)→九州学院高校(熊本県)→筑波大学(茨城県)→熊本県警に奉職

高校 玉竜旗2連覇

大学 インカレ3位

 世界大会個人3位
 都道府県対抗大会優勝

 第2015年、2017年、2018年、全日本剣道選手権大会優勝

得意技 小手

筑波大学時代は、優勝の栄冠こそあまりないものの、最強と言われるぐらい強かったようで、無冠の王者と言われていたそうです。

西村英久は大分県の中津市で育ち、小学3年生の時に剣道を親に勧められ、始めたそうです。

地元の中学校を卒業された後、剣道日本一を目指すために、地元を離れて、剣道の強豪校である九州学院高等学校に進学しました。

九州学院と言えば、男子の中のトップ!インターハイ、全中とも総ナメにしています。

団体戦では、2年、3年生と大将を努めました。

また九州学院高等学校は、剣道界のレジェンドである内村良一選手や、

全日本学生個人を制した星子選手、

団体を制した中央の本間選手を輩出しています。

#01【注目の一戦!】決勝【筑波大学×中央大学】2019・R1第68回関東学生剣道優勝大会【The 68th Kanto Area University Student Kendo Champions

まさに、剣道のエリートを生む高校!

その練習はかなりやばいことが前、テレビで放映されてましたね。

ミライモンスター2016年9月4日熊本県で発掘!剣道・梶谷彪雅さんを応援  160904

スポンサードリンク

大学は筑波へ

高校卒業後は、また剣道のエリートを輩出する筑波大学へ進学されます。

筑波大学は男女とも名門で、

全日本女子最多優勝の村山千夏選手や、史上最年少優勝した、竹ノ内祐也選手も筑波大学の出身です。

しかし、入学当初はあまり雰囲気も良くなく、成績も筑波大学らしいものではなかったそうです。

その中で、西村選手は考える剣道を実践し、部内の雰囲気を変えて行ったそうです。

成績もそれに応じて良くなっていったそうです。

西村選手が卒業した次の年の、2012年は、筑波大学の男子が全日本学生を制してますね。

当時のリーダーは村上雷太選手で、今年は全日本には出てませんでしたが、昨年は教員ながらベスト8まで上がってる稀有な方です。

その思いは後輩たちにしっかり引き継がれているようです。

結婚や恋愛は?

現在のところ西村選手はご結婚はされていないそうです。

恋人の情報も特にないため、今は剣道が恋人!っというところでしょうか。

最後に

西村選手は、昔から確かに強かったそうですが、特別体格に恵まれていたわけでもなく、

見た目は普通の学生だったそうです。

しかし、正義感に溢れ、正しいと思う道を貫く力が強い方だったそうです。

警察官になったのもうなづけますね。

今後も全日本に挑戦し続けるのでしょうか?

活躍を楽しみにしましょう!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。