ベトナムで太る原因




世界で一番肥満が少ないとも言われてきたベトナムですが、

近年子供の肥満が社会問題となってきているのと、

食生活の変化で、日本と同じような成人病と言われるものに悩む人も増えてきたようです。

蛇姫はベトナムでは全く太れなかったタイプなのですが

どうしてベトナムで太るのか!

原因をまとめてみました。

スポンサードリンク

1 砂糖が多すぎる

ベトナム人(特に南部人)は甘いものが大好き。

日本では考えられませんか、

牛乳には砂糖が入っていて当たり前

砂糖入りの牛乳と砂糖なしの牛乳が、スーパーやコンビニで売られています。

Co duong 砂糖あり

Khong duong 砂糖なし

とにかく何にでも砂糖をドバドバ入れます。

おこわ、豆乳、ヌックマム、シントー

その他色々なドリンク!

そんなに砂糖入れたら健康効果もなくなるわ!

ってぐらい入れます笑笑

しかし、砂糖が入ってないとまずいから飲めないそうです。

大抵のベトナムドリンクは好きですが、蛇姫か唯一好きになれなかったもので、

チャースア(Tra sua)

と呼ばれるチョー激甘ミルクティーがあります。

甘すぎて、お茶飲んでるというより、砂糖飲んでる感じでした。

中には日本でいま流行りのタピオカも入ってましたね。

これをベトナムの若い子は毎日美味しそうに飲んでました。

もちろん飲んでる子は、お腹をちょっと気にしてました!

2 炭水化物が多い

ベトナム人はお米が大好き💕

とにかくお米をよく食べます。

お米自体にはそこまでカロリーはないでしょうが、

砂糖が多い生活で、お米もたくさん食べれば、やっぱりお腹がね。

体は細いのになぜかお腹が

っという子がたくさんいました。

スポンサードリンク

3 運動不足

ベトナムのバイク所有率は、90パーセントです。

どこへ行くにもバイク

歩くことはほとんどありません。

歩いているのは行商人のおばちゃんぐらいかな?

暑いから歩きたくない気持ちもよくわかりますがね。それにしたってベトナム人と歩くとすぐヘタレてしまう子が多かったです。

自身の運動不足を自認してるのか、

早朝や夜中の公園で運動する人

ジムやヨガに通う人

なんかもいました。

蛇姫は週5で剣道してましたけどね。

まとめ

ベトナムで太りたくない人は極力甘いものは避けましょう!

一旦ハマると抜けるのが難しくなりますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ベトナムって痩せてる人が多いっていうイメージだったので驚きました(゚д゚)!
    しかし、週5で剣道ってすごいですね~(^^)/~~~

    • hebihimeyuki より:

      最近は子供達が太ってきてるんですよ。経済発展と共に食生活も変わってきてますからね

      • なるほど~、そうなんですね…(^.^)
        暑いから体力の為にある程度、砂糖は必要かと思いますが、摂りすぎはやはり駄目ですね(-_-)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。