韓国系教会の勧誘はかなり危ない




韓国でキリスト教徒が多いのは以前のブログで紹介しました。

さて、韓国系の教会の全てではありませんが、

日本に今ある韓国系の教会はかなり、強引というか、時に犯罪まがいのような勧誘を行うので注意が必要です。

もちろん全てではないですが、人にはそれぞれ信教の自由があります。

あまりにも強い勧誘やしつこい勧誘を受けた場合の対処法もあげていますので、蛇姫の経験から、困った方はご参考までに!

スポンサードリンク

寂しそうな大学生が狙い目

いわゆる世間で言うオカルト宗教の勧誘が盛んなのは、大学です。

特に新入生は親元を離れ、一人暮らしを始めたりして、慣れない環境の中で寂しい思いをしたりしています。

特に地方にある大学は、周辺に遊ぶ場所もない、寂しいところにあるところも多いので、特に注意が必要です。

(筆者が通っていた某大学は、オウム真理教や統一教会などがかなり多かったことでも有名です。)

寂しそうな新入生にすごーく親切にして、サークルに見せかけて連れて行くという手段がかなり多いです。

韓国語サークルやゴスペルサークルに装って勧誘

日本人は宗教、特に一神教に対して抵抗感がある方が多いです。

なので最初は

韓国語サークル

ゴスペルサークル

聖書研究会

などの名前で大学のサークルに紛れ込んで、名前に惹かれて入ってきた学生を取り込みます。

宗教の関連のサークルは大学認められないのでこのようなサークル名になっています。

すでにその時点で人を騙しているという点に疑問を持たないのかと突っ込みたいですね。

最初のうちはその名の通り通りの活動をしていますが、ある程度慣れて行くと、

私の通っている教会でコンサートがあるので行きませんか?」とか、

「私の教会でも韓国語が無料で勉強できるから行きませんか?」

などと言って誘います。

興味本意で行ってみると、

コンサートとというのは、おまけで大概、牧師による説教、

「イエスを信じない日本は滅びる」

「あなたは神に愛されている。ここに来たのも神のお導き」

っといったようなものですね。

まあ教会によって違いますが、韓国系の教会で感じるのは、

「イエスを信じる者がたくさんいる韓国はえらい。日本は罪深い」

っといったような意識です。

まあ、キリスト教というのは、イエスを信じない者は地獄に落ちるという教えですから、無理もありません。

そこで、違和感を感じたなら絶対に連絡先を教えてはいけません。

信じたかったらそれは個人の自由です。

スポンサードリンク

しつこい宣教、伝道

さて、一回行くと、向こうは連絡先を聞いてきます。

そして、またいつ教会に来られるのか?

うちはどこか?ここに連絡先を書いてほしいなどかなり、強引な感じで聞いてきます。

日本人は推しに弱いので教えてしまいますが、本当にここで教えないことが一番です。

教えてしまった場合も、もう行く気がないならはっきり伝えるのがベターです。

うやむやな態度を取ると

  • 毎日、教会に来るよう、メッセージや電話をかけてくる。
  • 住んでいる家に押しかけてくる

なんてことも珍しくありません。

ここまでくると、信じる気はないので、もう来ないで欲しいっと言っても、

「いや、あなたは一度教会に来たのだから、神に救われなければならない」っと言って、聞く耳を持ちません。

彼らからすると、かわいそうな罪人を救っているという意識です。

実際に蛇姫も無視していたら、家のドアを開けて入って来られだことがあります笑笑

そのあと、「大学に相談した上で警察に行きます。」っと言ったら、

私はあなたのためにやっているのに!あなたのせいで私たちに教会は苦難を受ける!」

っと吐き捨てられました。

なんちゅう自己満でしょうか!

スポンサードリンク

被害にあわないために

心の底から信じたい、その教会で活動したいと思える教会なら、そこに入って活動するのは個人の自由ですが、

やはり半数以上はそうじゃないと思います。

まずは、自分から信じたいと思って行こうと思わない限りは、教会に行かない、連絡先を聞かれても教えないのが一番です。

万が一の時は、通っている学校なり、近くの警察に相談するのが一番です。

宗教勧誘、活動のせいで、大学生活を台無しにしないようにしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。