片腕の剣士ー高宮敏光ー




片腕の野球選手についての放映が奇跡体験アンビリーバボーで特集されていましたが、

アメリカで片腕のキャッチャーとして注目を集めている高校生がいます!彼の夢はメジャーリーグでキャッチャーとして活躍すること!

片腕の剣道選手というのも日本には何名か存在します。

今回は日本の剣道界でも有名な片腕の剣道選手

高宮敏光さんについてご紹介いたします。

「剣道 高宮」の画像検索結果

生い立ち

高宮さんは熊本県生まれ

わずか1歳9か月の時・・ご両親がほんの少し目を離したすきに、脱穀機に腕を巻き込まれて

右腕のひじから先を失ってしまったそうです。

ご両親は

「私たちがきちんと見ていれば・・。」っと何度も何度も自分たちを責められたそうです。

しかし高宮さん自身は

「物心がついた時からないのが当たり前だった。」と語り

それよりも周りがそのことで気を使ってくれることや

何よりも両親が負い目に感じていることが何よりも辛かったので

ご両親の負い目を取り払ってあげたい!!っといつも考えていたそうです。

スポンサードリンク

剣道を始める

そんな高宮さんは小学校低学年で、剣道を始めます。

剣道をやっているとわかりますが・・

剣道で使う竹刀は、両手で持っても振っていると重さを感じるもので

ましてや片手で扱うのはかなり至難の業です。

しかし、道場の先生は特別扱いすることはなく、ほかの子供たちと同じように稽古をさせ高宮さんを鍛えます。

高宮さんは片手でのハンデを補うための、左手を鍛え、片腕でも冴えのある打ちをマスターしていきます。

(ビール瓶に砂を入れて振るなどしたそうです。)

高宮さんは徐々に頭角を現し、中・高ではレギュラー努めます。

インターハイこそ逃したものの、熊本県3位の結果を残します。

剣道をやっている人ならわかりますが、

九州は「剣道王国」と言われ、九州内で勝つことは全国大会で勝つことより難しいのです。

その中で3位という結果はいかにすごいか・・

現在日本で一、二番を争う剣道家の方たちもほぼ九州の出身です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。