どうしてカンニングするの?ベトナム人学生よ




ベトナム大好きでベトナム人大好きな蛇姫ですが、

一つだけ直して欲しいところがあります。

それは

カンニング!

カンニングが多すぎる。

しかもかなり堂々とやる。

なぜそこまでカンニングするのか、カンニングする学生にどういった対応を取ってきたかをまとめました。

今学生のカンニングに悩んでいる先生がいたらご参考に。

堂々とカンニングする学生

ベトナム人の学生はよく勉強して熱心な学生が多いのですが、

カンニングをする学生がかなり多い!

しかも堂々と!

テスト中にはかなり堂々と隣の学生を見たり

ふつうに話しかけて答えを聞く学生も多くいて

本当にびっくりしました。

こちらが注意しても、あまり意に介さず、あっちを注意すれば、こっちでカンニング、目を離すとカンニングしてるなんてことがよく行われていて

テスト中、私はかなりピリピリしていたこと覚えています。

スポンサードリンク

カンニング上等

聞いた話によると、ベトナムの学校ではカンニングはかなり普通に行われているようで、

先生もあまり注意しないそうです。

寧ろ生徒のテストの点数が先生の点数になるそうなので、先生側も注意しないのだとか。

だからカンニングに対する罪悪感がかなり薄い気がします。

とにかく点数が取れればいいという考えがあるようです。

カンニング対策

ベトナムの公立学校ではカンニングは野放し状態なんで、

(もちろんやる学生とらやらない学生がいるんですが)

日本語学校でも同じ感覚でやっちゃう学生がそれはそれは多々いました。

そんなわけで蛇姫はいつもカンニング対策を練りました。

効果的であったものをご紹介します。

①とにかく机を離す

まずはこれ!

とにかくできる限り机を離して、カンニングは絶対許さないという姿勢を見せます。

こうするとこの先生は厳しいなぁっという感覚を植え付けられるので、これは絶対します。

② 机の上に鉛筆や消しゴム以外のものを出させないことを徹底する

鉛筆、消しゴムを出させたらあとはカバンを前に持って来させて、携帯、ノート、本なども全部入れたことを確認し、テストが終わるまでカバンに触ってはならないことを厳かに伝えます。

これをすると、カンニングが半分に減ります。

こうでもしないと堂々とノートを見てたり、携帯で調べてる学生がいるので、理不尽と言われようが徹底させます。

③ 禁止事項を復唱させる

蛇姫はいつもテストの前に次のことを復唱させました。

友達を見ない

ノートと本を見ない

友達に教えない

この三つを言わせました。

言わせると不思議!人間は声に出すとそれが体が反応するのか、カンニング率がかなり減ります。

また、学生には

試験中は教室内では話すこと自体を禁止にしました。

実際にはやりませんでしたが、テスト中に学生同士で話したら日本語でとベトナム語でも失格だとかなり脅しました。

そうじゃないとテストが終わった学生が、終わってない学生とベトナム語で話していて、教えたりしてしまうので、

これを徹底させることはかなり大事でした。

スポンサードリンク

怒ってはいけない でも

ベトナムでは大勢の前で叱責するのは相手のメンツに関わるので、怒る場合は一対一で、というのが慣習だそうです。

しかしながら、短気な蛇姫はカンニングした学生を教室から追い出したり、剣道部でもしょっちゅう叱り倒してしまっていたと反省。

ベトナム人の部下を持つ皆さん、ベトナム人の若い人は怒られ慣れてないので、気をつけてくださいね。

大勢の前で怒った人の方が悪くなってしますし、

怒られたら速攻で仕事をやめる若者もいっぱいいます笑笑

まとめ

ベトナムが大好きな蛇姫ですが、カンニングだけはやはり頂けません。

早くこの悪習が断たれることを願います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。