ベトナム女性の歴史【ベトナムの女性ヒーロー】




ベトナム女性が働き者であることはこちらで紹介しましたが、

ベトナム女性は本当によく働きます。男性より働くベトナム女性のたくましさの秘密とは?

ベトナムの女性は綺麗!なだけではなく、大変力強いと感じます。

ベトナムの歴史をひも解くと、男性に負けず、劣らず社会的に活躍した女性たちがいました!

このブログではそんな女性たちをご紹介!

スポンサードリンク

中国に武装蜂起したTrung姉妹

ベトナムの通りの名前にはよく

「Hai Ba Trung」ハイバーチュンという名前が付けられていますが

この通りの名前の意味は

Hai=2

Ba=社会的に身分の高い女性につける敬称

Trung=チュンという名前

で、その昔、中国の支配に対して立ち上がり、武装蜂起を指導した、チュン姉妹

(姉:チュン・チャック 妹:チュン・二―)への尊崇の念からつけられた名前です。

1世紀ごろの人物で、生年等は不明ですが、

当時の有力な武将の娘として生まれたチュン姉妹は、現在のハノイのあたりをまとめる家系にありました。

西暦40年頃、当時ベトナムの地域は中国の属国になっており、中国側の方から、

・重税

・悪政

を受けることが多く、民の不満は溜まりに溜まっていたそうです。

そこでチュン姉妹の姉のチュン・チャックは自らを女王と名乗り、妹と共に中国に対して反旗を翻しました。

(当時結婚していたそうなんですが・・夫ではなく自らが王であると称したあたりがすごいですよね!)

Hai ba trung Dong Ho painting.jpg

ベトナムのドンホー画。象に乗っているのがチュン姉妹

中国との戦いは3年あまりで敗北を期し、チュン姉妹は中国で処刑されてしまったそうですが・・(諸説あり)

中国に対して勇敢に立ち上がった英雄としてベトナムでは尊敬されている女性です。

自ら先頭に立ち指揮を執ったそうですから、かなり勇猛果敢な姉妹だったのだと思います。

スポンサードリンク

ベトナム独立、ゲリラ活動に生涯を捧げたVo Thi Sau

ベトナムの歴史は苦難に満ちています。

1000年に渡る中国の支配

それから約200年に渡るフランスの植民地支配があり、

フランスの植民地支配は、18世紀くら19世紀にかけてヨーロッパ諸国がアジア、アフリカにかけて行った支配同様かなり苛烈なものでした。

フランスは歯向かうものには女子どもでも容赦なく、牢獄や収容所に入れ、拷問、処刑にしていました。

そんなフランスの支配からベトナムを救おうとしたのが、

Vo Thi Sau です。

本名 Nguyen thi sau

あどけない顔をしています

彼女は1933年に生まれ、1952年、わずか19歳でフランスによって処刑されています。

彼女はゲリラ活動に参加し、

フランス軍に対して手榴弾を投げ、負傷させるなど、ベトナム独立のためフランスと戦っていました。

しかし、フランス軍に捕らえられ、かの悪名高いコンダオ刑務所に送られ、処刑されます。

処刑されるその時まで毅然とした態度を崩さず、

死ぬ間際に「ベトナム万歳。ホーチミン万歳」と言ったそうです。

ベトナムの独立の陰には、その犠牲となった勇気ある女性の存在があったわけですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たけうちかずひろ より:

    ホーチミン大統領の偉大さしか知りませんでした。ベトナムの苦難の歴史に加えて、支配者の残虐さを思い知りました。
    記事のアップ、ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。