ベトナムの徴兵制度




韓国に徴兵制があるように、ベトナムにも徴兵制があり、

ベトナム人男子は原則、一年半から二年ぐらいの兵役に付かなければなりません。

気になる方もいると思うので、私の知る限りで、ベトナムの兵役とは一体どんなものなのかまとめてみました。

男子は基本全員 女子は希望者

ベトナムの男子は基本的に皆兵役の義務があり、

早い人は義務教育を終えた16歳ぐらいから

遅い人で大学卒業後や、大学在学中に行く人もいます。

女子にその義務はありませんが、希望すれば行くことも可能です。

スポンサードリンク

様々な免除条件

しかしながら、韓国などに比べると免除の範囲が広く、必ずしも皆が行っているという感じではありません。

蛇姫の学生の中でも免除されている子がかなりいました。

免除されるものは

身体に何か障害があるもの

目が著しく悪いもの

一人っ子長男

優秀な大学生

などです。

また年間10万円程払うと免除されるそうです。(実際に私の友達でいた)

中卒 高卒 大卒で違う内容

また、学歴で兵役中にあたる任務もかなり違います。

中卒、高卒などは、本当にサバイバルな訓練で、かなり過激な訓練を行います。(実際に蛇姫の学生は18ヶ月行ってました。)

それについてはこちら⇒*現在編集中

大学生や大卒はコンピューターを使ったり、食事班(軍の食事を作る訓練、こちらも蛇姫の学生が行ってました。)

などで、やはり中卒、高卒の子の訓練の方がかなりきついようです。

大学生や大卒の子の訓練を聞くとそこまできつくありません。

兵役以外のコースも

中卒や高卒の子は基本的には兵役に就くしかありませんが、

大卒の子は兵役以外に民兵や防衛部隊に就くということも選べます。

民兵は、何かの行事や交通安全などの警備に3年から5年、1週間に一度あたります。

また、防衛部隊は国の防御専門部隊で、戦争があっても基本敵地に攻め込むことはなく、ひたすら防衛にあたる部隊です。

こちらの兵役も週に一度の訓練で五年ぐらいだそうです。

スポンサードリンク

最終手段

最終手段はお金を払うことです。

一年で約10万円程度払えば、免除されます。

現在の兵役は一年半から2年なので、約15-20万払えば免除されます。

お金持ちの子弟はこの方法を使うことが多いみたいです。

まとめ

ベトナムでは兵役は必ず就くべきだとは考えられてないようで、兵役以外にもいくつか手段があり、それらを選んだからと言って、特に不利になるようなこともないようです。

現在の兵役は18ヶ月とされていますが、現在は2年にするかという検討もされているようです。

対中国を見据えているのかもしれませんね。

ベトナム人の若者は自分の国は自分で守るべきものと強く考えており、有事の際は自分で武器とって闘うと決意している若者が9割です。

ベトナムが今発展しているのも、こういう決意を持った若い人たちがたくさんいるからかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。