情熱大陸 田名網敬一(たなあみけいいち)結婚 面白エピソード 代表作品




情熱大陸で紹介された田名網敬一氏(82歳)についてまとめました。

82歳にして現役のアーティストであり、

日本のポップアーティストの巨匠でもある田名網敬一さんの作品はかなりぶっ飛んでいますが、不思議な魅力を持っています。

さてその代表的な作品と

面白い人となりをご紹介。

代表作

奇想の図鑑

出典:https://nug.jp/ja/artists/keiichi_tanaami

「田名網敬一」の画像検索結果

ポップな色使いなのに、ものすごく怪しい世界観がありますよね・・

かわいらしいのに、なんかこの世界に入ったら二度と出てこれないような怪しさがあります。

しかし、このような絵を描くようになった背景には戦争の体験があるそうです。

スポンサードリンク

夢と現実の区別がつかない

田名網さんは9歳の時にあの東京大空襲を経験

*アメリカのB29爆撃機が東京一体に焼夷弾を落とした。

その時の情景が作品のモチーフになっていると同時に、その時のことが夢なのか現実なのか区別がよくつかないのだと言います。

戦争時代のことを

「食べたい盛り、遊びたい盛りの幼少年期を、戦争という得体の知れない怪物に追い回されていた私の見る夢には、恐怖や不安、怒りや諦めなどが渦巻いていたに違いない。そういえば空襲の夜、禿山の上から逃げ惑う群衆を眺めていたことがある。だが、ふと私は思うことがある。あれは現実に起こったことなのだろうか。私の記憶では夢と現実がゴッチャになって、曖昧なまま記録されているのである。」

出典:Wikipedia

っと語っており、その時の恐怖の体験と夢とも現実とも区別がつかない記憶が、あのポップで怪しい世界観をだしているのだとか・・。

スポンサードリンク

目が覚めたらすぐ絵を描く

田名網さんは、あの世界観を出すために、夢から覚めた後に、夢で見たことをすぐに絵で描くのだそう。

「人生の3分の1は寝ている。その3分の1も無駄にしたくない。」

ということで絵を描いていたそうなのですが・・

またこれも夢と現実の境がつかなくなる原因となってしまい、精神的にまいったのだとか・・

いや・・巨匠と言われる方というのは、そうまでして自分の作品を追い求めるのですね。

ちなみに奥さんはいらっしゃるそうですが、奥さんの情報については皆無です。

しかしこのような芸術家を支える奥様というのは、献身的な大和撫子といったところでしょうね!

82歳にしても衰えることのない創作意欲・・

今後はどんな作品を残されるのでしょうか?

これからもお元気で頑張ってほしい限りです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。