名古屋の父親無罪判決【明らかになった5年間】




先月から、このニュースに怒りを覚えている私ですが、

皆様も怒りを覚えているはずだと信じてこの記事を書いています。

娘に強制的に性交をし続けた父親が無罪!

名古屋地裁の判決に世間にも衝撃と怒りが走りました。

このニュースは何度理由を聞いても納得できないものがあります。

今回の記事は、判決のあと明らかになった地獄の5年間についてまとめています。

被害者の方は現在控訴しているとのことですが、

次の判決ではこの父親に極刑を言い渡してほしいものです。

中2から始まった性的虐待

被害女性のMさんは、実父と実母、弟3人との6人暮らし。実父による性的行為は、中学二年から始まった。美羽さんが寝ていると実父がやってきて、<陰部や胸を触ったり、口腔性交を行ったりするようになり、その年の冬頃から性交を行うようになった。

出典:女性自身

まず実の娘にそのような行為をすること自体が犯罪ではないかと思いませんか?強制かどうかとか言う前に、この時点で犯罪でしょ!

Mさんが高校を卒業するまで、こうした行為は週に1~2回程度の頻度で行われ、美羽さんは体をよじったり、服をぬがされないように押さえたり、「やめて」と声を出したりするなどして抵抗していたが、実父の行為は制止できなかった。本来ならば、助けを求められるはずの実母とも不仲だった。

出典:女性自身

母親は知っていたのか知らなかったのか?謎ですが、知っていたなら助けるべきですね。知らないなんてことがあるんでしょうか?

スポンサードリンク

小学生のころから暴力を受けていた

美羽さんが小学校の頃、実父は美羽さんを、殴ったり蹴ったりすることがあったが、実母は、ほとんど黙って見ているか、実父に加担していたという。

出典:女性自身

とにかく暴力的な父親だったのでしょうね。母親は自分に牙が向くのが怖かったのかな?

ともあれ性的虐待の前には、両親に虐待を受けていたんですね・・。

大学進学を決意・・でも

美羽さんが高校3年生のとき、自分で4年制大学へ進学することを決め、大学の推薦入試に合格。しかし、期日までに入学金を収められず、進学を断念した。一家は2010年から生活保護を受けていたことから、子ども4人抱えての暮らしは厳しかったことがうかがえる。

出典:女性自身

父親も母親も働いていなかったんですかね?

それでも美羽さんは諦めなかった。進学に反対する両親に頼み、専門学校に入学。学費はいったん実父が支払い、美羽さんのアルバイト代から月4万円ずつ返済するよう取り決めた。だが、このころから美羽さんの抵抗が弱まり、性行為の頻度が週に3~4回と増えるようになったという。実父に「専門学校の学費を支払ってやっている」などと言われていたことの負い目が、あったからだとみられている。

出典:女性自身

親が子供の学費の面倒を見るのはある意味当然ですよね?払ったから性交してもいいなんてことありますか?

続きは次のブログです。↓

2019年3月に自分の娘に強制的に性行為に及んだ男に対して無罪判決が出され、世間に衝撃が走りました。被害者女性の立場は気持ちを無視した判決には怒りを覚えざるを得ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。