【情熱大陸】ブラックホールの撮影を世界ではじめて成功させる人 本間希樹(ほんままれき)の経歴・家族・性格は?




ブラックホール・・

最近撮影に成功したブラックホールのことを素人でもできるだけわかりやすくまとめて説明したものです。

誰もが一度は効いたことがあるのではないでしょうか?

どんな速さの光でも、飲み込まれたら二度と出ることができない強い闇・・

撮影することは不可能、中を知ることも不可能とされていましたが、

そのブラックホールの撮影をついに成功させる日本人がいます。

それは

本間希樹(ほんままれき)さんです。

さてこの本間希樹さんとはどんな方なのでしょうか?

調べてまとめてみました。

本間希樹さんのプロフィール

【プロフィール】

生年月日:1971年

出生地:アメリカテキサス州生まれ

高校:私立栄光学園高等学校

大学:東京大学大学院天文学専攻博士課程修了

学位:理学博士

趣味:バイオリン

なんとアメリカ生まれなんですね!でも高等教育は日本で受けられています。

それを聞くと日本の研究もまだまだいけるなあって安心しますよね。

【経歴】

1996年4月学術振興会 特別研究員

1999年4月~2000年8月 国立天文台CEO研究員

2007年4月~20007年8月 国立天文台 助教

2007年8月~2015年2月 国立天文台 准教授

2009年10月~11月 ドイツ マックスプランク電波

天文研究所 客員研究員

2015年3月~国立天文台 教授(現職)

総合研究大学院 教授(併任)

2015年4月~国立天文台 水沢VLBI観測所所長(現職・併任)

今は日本最高峰の国立天文台の教授をされながら、大学の教授なども併任されていて多忙を極めているようですね。

スポンサードリンク

本間希樹教授の性格

子供頃から星を見るのが大好きだった本間教授だったそうですが、大学に入った当初は自然科学を勉強していたそうです。

しかし大学院に入学する際に

「もっとスケールの大きな勉強をしたい」

とのことから、天文学に専攻を変更!

日夜研鑽に励み、東京大学の博士課程を修了させます!

しかしかなり音楽好きのようで・・

子供のころからバイオリンを続けていて、大学のサークルでオーケストラに入って、10年間はオケ三昧でした。今でも音楽は大好きです。

出典:http://www.miz.nao.ac.jp/vera/content/madam/page-1-4

研究はしっかりしながらも、オーケストラサークルでの練習は欠かしていなかったよう!

音楽は精神的に行き詰ったときなどに弾くと、精神の安定に繋がるのだとか!

特にベートヴェンがお好きなようです。

さらに面白いことに、天文学者なのに星座の名前は知らないという・・( ´∀` )

本間教授の娘さんは天文部なのですが、なぜ天文部なのかというと

「お父さんは星座のこと知らないから!」

だそうです笑笑

日本天文学の最先端を行く研究者が娘にはやり込められているのは何かかわいいですね!

スポンサードリンク

夢は部下がみんな常勤になれること

研究者としての一面も素晴らしいですが、

本間教授の素晴らしいところは、他の研究者の将来のことを真剣に考えていることだと思います。

だから今の僕の夢は、研究室にいる若い学生をポジションにつけて、ちゃんとこの業界で生きていかれるようにすることなんです。課長として部下を昇進させなきゃいかん!

出典:http://www.miz.nao.ac.jp/vera/content/madam/page-1-5

日本には現在、博士課程を出てもポストがなく、就職できずにあぶれていく人がたくさんいます。

研究者は自分のポストを得るため死に物狂いで競争するわけですが、そんな中本間さんは自分の部下のことを真剣に考えてあげられる、人間性としても優れた研究者なんですね!いやお見事!

研究者としても、人間性にも優れた本間教授がいち早くノーベル賞を受賞することを願いましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。