なんで無罪なの?【娘に性行為を強要した父親】




最近こんなニュースが流れてきました。

2017年に愛知県内で抵抗できない状態の実の娘(当時19歳)と性交したとして準強制性交等罪に問われた男性被告に、名古屋地裁岡崎支部が「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡していたことが4日、分かった。判決は3月26日付。

出典:毎日新聞

あろうことか実の娘と性行為をした男性が無罪放免されるという恐ろしい出来事が起きました。

日本の司法制度、性犯罪に対する認識は一体どうなってるんだろうと、疑問や怒りに沸いた人も多くいるでしょう。この事件から見える日本の性犯罪に対する認識の甘さ、そして女性に対して圧倒的に不利な司法制度について長ーくなりますが論じていきたいと思います。

「いやなら抵抗できたでしょう?」っという弁護側

この裁判で争点となったのは、「抵抗する不能だったかどうか」っということ。

検察側は

「中学2年のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させた負い目から心理的に抵抗できない状態であった」

シュッツ店:sankei.com

っと述べています。

中2という多感な時期から父親から性的虐待を受けていたなんて、それだけで本当にかわいそうだと思いますし、そんなことをする男は、たとえ性行為がなくても逮捕されるべきと思いませんか?

一方弁護側は

「同意があり抵抗可能だった。」

出典:sankei.com

と主張。

いやいや普通に考えて、親子という上下関係、男女の力関係を考えれば、抵抗したらどんな目にあうか考えたら抵抗できなくないですか?抵抗してその後どんな暴力を受けるか、どんなひどい目にあうか、学費を出してもらえないんじゃないか・・いろいろ考えたら何もできないですよね?そんな人間の感情もわからないのかとあきれるような言い分

無罪の理由は「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」

裁判官は審議の結果

性的虐待があったことは認めた上で

「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲は奪われた状態であった」

出典:sankei.com

と認定はした。

しかし2人の関係から抵抗不能な状態かどうかを検討そいた結果

以前に性交を拒んだ際に受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れ、拒めなかったとは認められない

出典:sankei.com

と指摘

いや!意味わからないし!

性交は意に反したもので

抵抗する意志や意欲を奪われたのに、抵抗できない状態じゃなかったって!

支離滅裂じゃないですか?

この裁判官の思考はどうなってるの?

ちょっと頭おかしいんじゃない?っと言いたくなる。

この判決のそもそもの問題は

この判決に対してそもそも問題だと思うのは

1 女性に対して何らかの性暴力を行った人物を無罪にしたこと。

2 娘に対して性的虐待を行っていた人間の風上にも置けないような男を無罪にしたこと

3 そもそも娘に対して性的行為を行った男を無罪にしていること

抵抗できるできないの問題じゃないでしょうが!そもそもおかしいんだよ!っと言いたくなる。

日本の性犯罪の司法制度っていったい何なの?っと思われたのなら次のブログを読んで共感してください↓

娘に性行為を強要した男が無罪放免になったニュースから、性犯罪に対する日本の司法制度の問題、社会的な意識の問題について論じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。