情熱大陸 フラワーアーティスト 赤井勝とは




ローマ法皇にブーケ捧げた日本人

在日大使夫人がこぞって通いたがるフラワーアレンジメント教室

世界を代表するフローリスト、【花師 赤井勝さん】の特集が情熱大陸で組まれていました。

ローマ法王に花束をささげる!各国の大使夫人が習いたがる教室を運営するなんてどんな人なんでしょうか?

気になったのでまとめてみました

是非お役立てください。

プロフィール

「赤井勝」の画像検索結果

出典:赤井勝オフィシャルサイト

1965年大阪出身。53

・妻1人 息子2人

祖父母は淡路島の花農家で母は大阪で花店経営。

15歳から21歳まで花店の仕事をする。

・2001年在大阪ロシア連邦総領事館の装花。在日各国大使夫人へのフラワーレッスンを始める。

・2005年エジプト政府観光省主催イベントの装花担当

・2009年 ローマ法王ベネディクト16世にブーケを献上。ローマ法王謁見 謁見会場「パウロ6世ホール」にオブジェを制作

・2015年 アメリカ大使館セント・パトリックスデーの装花

・2017年 仏ルーブル王宮内パリ装飾美術館メインホールにて「JAPANPRESENTATION in Paris」桜の装花担当

2019年春から、大阪の追手門学院大学の客員教授

フラワーアーティストではなく・・「花人」

赤井さんは自らのこと「花人」と称しています。

出典:赤井勝オフィシャルサイト

花をアレンジするというよりは、花と一体化して花と遊ぶという感覚だそうです。

なんと花にもっと近づきたいと思った挙句に、まつエクをして奥さんにどえらく叱られたそうです( ´∀` )

なんかかわいいですね(^^♪

スポンサードリンク

スタイル

従来の生け花は形式ばったいてつまらない。もっと自由に花を生けようというスタイルを提唱!

和の生け花と西洋のフラワーアレンジメントの融合スタイル

noimg

出典:赤井勝オフィシャルサイト

noimg

出典:赤井勝オフィシャルサイト

プロデュース情報

2018年

■日本テレビ系「バズリズム02」「スキマスイッチ」ステージ装花「スキマスイッチ」ニューアルバム『新空間アルゴリズム』の『超先行!プレミアム試聴会』で、楽曲「未来花(ミライカ)」をイメージしてピアノに装花
■東京「傳」店内装花
読売新聞・ニュースパッケージの装花担当(1年間)

19NP3月号立体-大

2017年

初の書籍「花と遊ぶ Flower Method」刊行

2012年

■清春「UNDER THE SUN」アートワーク及びミュージックビデオにてコラボレート

2008年

■十二代目市川團十郎の描く源氏物語上賀茂神社(世界遺産)の会場装花をプロデュース

2007年

■東京ミッドタウンの柿落し「VALENTINOファッションショー」の会場装花をプロデュース

2002年

■(株)電通本社ビル「光の庭」をプロデュース

引用:赤井勝オフィシャルサイト

日本の美と西洋の美を融合させ、世界で活躍する赤井さんの活躍に今後も注目ですね!

気になる教室情報についてはこちらから↓

情熱大陸 在日大使夫人がこぞって通いたがるフラワーアレンジメント教室の場所、値段についてまとめました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。