3.11から8年目 避難生活者はいまだ5.2万人 




2011年3月11日、日本人のみならず世界中に衝撃を与えた大災害、「東日本大震災」から8年が経ちました。

地震と津波で命を落とした方は1万5千人以上

津波による溺死が90%を超えるそうです。もし津波がなければこんなに多くの方がなくなることはなかったと思うと悔やみきれません・・。

建築物の全壊・半壊合わせて40万以上

→こちらもほとんどが津波によって壊されています。地震だけならそこまで壊れることはなかったのに・・

復興庁によると、現時点でも避難生活を送っている方は5万2000人にものぼるそうです。

亡くなられた皆様のご冥福、非難された方が一日も早く元の生活を取り戻されることを願ってやみません。

日本にいると、地震という災害は避けて通れないものです。

東日本の教訓を忘れず、常に備えをしておくこと、非難場所を確認しておくことを忘れないようにしましょう。

地震発生時刻は午後2時46分です。その時間に合わせてみなさんで黙とうをささげましょう。

【東日本大震災】巨大津波の破壊力[桜H23/4/21]

出典:Sakuraso TV

(津波の恐ろしさを伝えるものです。かなり衝撃的な映像なので、見る場合は自己責任でお願いします。)

私たちにできることは、災害に対して最善の備えをし、被害を最小限に食い止めることです。

みなさんでもう一度この日のことを思い出し、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。