ベトナムフランス紀行-ハノイ編 吉田類に負けないよ




前回のブログに引き続き、ベトナムに残る古き良きフランスの香りをご紹介していきます。

今回はベトナムの首都「ハノイ」です。

インドシナ フランス領の中心地として

ベトナムがフランスの植民地になったのは、年のことです。

それまでもハノイはベトナムの首都であり、都でした。フランスもハノイを中心にベトナムの植民地支配を進めました。

そんなハノイには当時の面影を残すものがたくさん残されています。

スポンサードリンク

ハノイオペラハウス

パリのオペラ座を模して造られたものです。1901年に着工を開始し、1911年に完成しました。

6本の通りが放射状にのびる中心広場に建てられています。このような街づくりは、フランスの街づくりの特徴だそうです。

チャンティエン通りは植民地時代、租界地とハノイ城を結ぶ重要な通りで、商業や娯楽の中心街として栄えていました。オペラや室内楽、劇が行われましたが、訪れることが出来たのは上流階級のフランス人と、わずかなベトナム人のみでした。

内装も豪華

また、オペラハウスは、重要な歴史の証人でもあります。正面の広場は“八月革命広場(Quảng Trường Cách Mạng Tháng Tám)”と呼ばれます。八月革命とは、第二次大戦終結後の1945年8月後半、ベトナムを統治していた日本の降伏を機に、ベトナムの独立を目指してインドシナ共産党がおこした革命のことです。

8月19日にこの広場で蜂起を呼び掛ける集会が行われ、その後、9月2日の独立へとつながります。この広場に何千もの人々が集まり、故ホーチミンは2階のバルコニーから演説したと言われています。

出典:ピアノと飛行機

また、バーディン会堂が造られるまではここで国会が開かれるなど、その後の政治の舞台でもありました。1950年代以降戦争などのためオペラハウスは寂れ、90年代に入ってから修復され、1997年にハノイで行われた第七回フランス語圏サミットにあわせて、再開されました。

住所:Số 01 Tràng Tiền, Phan Chu Trinh, Hoàn Kiếm, Hà Nội

ハノイ大聖堂

もともとあった仏教寺院を壊して建てられた教会です。

元は白い教会だったが、今はいろいろと汚れている。

現在はかなり煤がついて黒くなっていますが、もとは白くて綺麗な教会だったそうです。

フランス軍がハノイ城を占拠したのは1882年こと。同年に、この教会の建設が始まり、1886年に完成しました。

現在、カトリックのハノイ教区には40万人の信徒がおり、この教会はその中心地になっているそうです。

門の開閉時間 午前: 5:00〜12:00

午後:14:00〜19:30
ミサの時間
平日5:30 /18:15
土曜日 5:30 /18:00
日曜日5:00 /7:00 /9:00 /11:00/16:00 /18:00

住所:40 Nhà Chung, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội,

スポンサードリンク

ホアロー収容所

フランス支配に反抗するベトナム人を捕まえて収容していた場所です。フランスは反抗する者には容赦なく捕まえ、拷問にかけていました。

ホアロー収容所の外観

成人男性だけでなく、女性や子供も容赦なくここに入れられ、拷問にかけられていたそうです。

当時の様子がレリーフとなって展示されています。

囚人たちはこのように足枷をはめられ、自由を奪われていました。また、部屋には光が差し込まず、さらにひどい場合は狭い場所に閉じ込めるなどもあったそうです。

あるベトナム人は処刑させる前にこう言ったそうです。

「国を奪われた私たち。侵略者のあなた方。生死を賭けた戦いにおいては、最後に私たちが必ず勝利するだろう」

出典:LINEトラベルjp

ベトナム人は長い長い闘いの末、独立を勝ち取りましたが、勝ち取るまでに一体何人犠牲になったのかは数え切れないところです。

ベトナムの歴史を見ると、中国から独立、(約1000年)フランスから独立(約80年)、そして戦争にアメリカに勝つという、とんでもないことをやってのけてるのが見えます。

観光を楽しむだけでなく、このように歴史の負の側面を学ぶことも大切です。

住所:1 phố Hoả Lò, Trần Hưng Đạo, Hoàn Kiếm, Hà Nộ

営業時間:8:00~17:00

フレンチヴィラのレストラン

ホアロー収容所が物語るように、フランスの支配はベトナム人にとって本当に辛酸をなめるような歴史だったと思います。

一方でフランス人が残していったフランス風の建物を改装したレストランがたくさんあり、人気を集めています。

日本では高いイメージのフランス料理ですが、ベトナムでは日本より安く食べられるので、ベトナムに来たら一回は食べることをお勧めしますよ。

ハノイおすすめフレンチヴィラはこちら↓

*現在作成中です。

まとめ

ハノイではフランスが残した美しい遺産を堪能することと、フランス支配下で起きた負の歴史を学ぶことができます。

両方を味わうことで、ベトナムへの理解が深まると思います。どっちかだけではなく、両方足を運んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ベトナムも大変な歴史をくぐりぬけてますね。
    しかし、フランス人て残虐ですね。暴力的と言うか…。フランスの暴動みててもそう思います”(-“”-)”

    • hebihimeyuki より:

      当時はそれが当たり前だったんですよ。アジア人は下白人は上!その中で日本が日露戦争で勝ったのはまさにアジアの希望だったわけです

      • 日露戦争にアジアのそんな思いがあったんですね~(^^♪
        でも、白人さんの中には、今でもそう思っている人もいますよね”(-“”-)”

  2. hebihimeyuki より:

    どんな国でもありますよね。自分はしないという誇りを持つことが大切ですよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。