ベトナムのフランス大紀行-ホーチミン編- 吉田類に負けないよ!




ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ベトナムは昔フランスの植民地でした。

フランスはベトナムに厳しい支配や、反逆者に対する制裁には容赦はしませんでしたが、

一方で今のベトナム文化を語る上で欠かせないものも多く残していきました。

そんなわけでベトナム人はフランスのことを悪く言う人はなく、フランスが残していった文化をありがたく日々の生活で使っています。

フランスに行ってみたいけど、ちょっと高いし遠いなっと思う方は、ベトナムに残るフランス文化を堪能してはいかがでしょう?

まずはベトナム最大都市ホーチミンに残る面影から見ていきましょう。

Duc ba教会 サイゴン大聖堂

ホーチミン市の名物といえば、まずこの教会です。フランス人建築家によって、1863年から1880年にかけて建てられました。

フランス人はベトナム人にカトリックを伝えたため、今も人口の10パーセントはキリスト教徒(カトリック)です。

毎週日曜日には中に入りきらないぐらいの人が礼拝に訪れています。

中は美しいステンドグラスで彩られています。しかし入れるか入れないかは運次第のところもあるので、中には入れたらラッキーぐらいに思っておきましょう。礼拝する場所は信者以外の立ち入りは禁止です。

住所:01 Công xã Paris, Bến Nghé, Quận 1, Quận 1 Hồ Chí Minh

サイゴン中央郵便局

1886年に建設を開始し、1891年に当時のフランス領インドシナの郵便・電信施設として完成しました。

パリのオルセー美術館(当時駅舎)をモデルにしたと言われています。

出典:Tripadviser サイゴン中央郵便局

出典:Tripadviser オルセー美術館

今現在も現役で使われ続けており、中にはアオザイで働く郵便局員の女性たちがたくさんいます。

ここでお土産や両替、国際電話、国際郵便などもできます。

サイゴン大聖堂のすぐ隣にあります。

住所:Số 125 Công xã Paris, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

元アヘン工場の喫茶店 リファイナリー

クラシックな内装

19世紀末に、ヨーロッパがアジアにアヘンを持ち込んで、アジアを弱体化させたのは歴史的な事実です。ホーチミン市にもアヘン工場がありましが、現在はその建物を建物を今はカフェとしてつかっています。

出典:トリップアドバイザー フランス統治時代を忍ばせる風情を醸し出しています。

ランチコースは日本円で1500円ほど。ホーチミン市内では高い方ですが、旅のおいしいランチとしてなら安いです!

出典:トリップアドバイザー

住所: 74 Hai Bà Trưng, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

マジェスティックサイゴンホテル

出典:Booking.com

ホーチミンの老舗ホテルで、数々の有名人が泊まった、ホーチミンで最も有名なホテルの一つです。

1925年の開業以来、数々の王族や著名人が利用した

5つ星ホテルです!

(日本人では秋篠宮殿下がご宿泊なされた格式高いホテルです。)

植民地時代はフランス人の社交場として、第二次世界大戦中は日本兵としての宿舎としても使われていたそうです。

開業当時のホテル
出典:trendyasia.xyz

泊らなくても、ロビーにあるカフェは利用可能なので、当時の雰囲気をコーヒーを飲みながら味わってはいかがでしょうか?

出典:Booking.com 豪華なかにも、クラシカルな雰囲気が漂うロビー

所在地:1 Đồng Khởi, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh,

日本より安く食べれるフランス料理店

フランス統治の影響なのか、ホーチミン市には美味しいフランス料理の店がたくさんあり、しかも日本より安く食べられます!

フルコースが食べられる高級店から、庶民派フランス料理店まで、好みに合わせて選べます。

おススメレストランはこちらから↓

ベトナムホーチミン市で食べられるおいしいフランス料理のレストランをご紹介!

サイゴンオペラハウス(ホーチミン市民劇場)

出典:ベトナムで生き抜く術 創建当時は現在のカラベルホテルの位置にあった。

こちらもフランス人によって建てられたものです。創建当時は、フランス人入植者を楽しませるため、仮劇場は現在のカラベルホテルの位置に建てられていました。

現在の建物は1900年に完成したものです。

1956年から1975年までは、南ベトナムの議場として使われていました。

現在も現役で使われており、音楽や劇を楽しむことができます。

*中はチケットを買わないと入ることができません

所在地: 07 Công Trường Lam Sơn, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

まとめ

有名な建物だけでなく、ホーチミン市内には植民地時代に建てられたと思われる名もなき建物も数多く残っています。

最近は開発で古い建物が壊される傾向にあり、残念ですがかつて「東洋のパリ」と呼ばれたサイゴンの面影が残って行ってほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 郵便局、オルセーをモデルにしていたのですね~(*^^)v
    きれいな建物だなあって思ってました(^^)/

  2. dalichoko より:

    ベトナムはフランス色が濃いですよね。
    料理もフランス系が美味しいのでしょうか?
    (=^ェ^=)

    • hebihimeyuki より:

      ベトナムの料理にはフランスと中華の要素がかなり混ざってますよ!ベトナムで食べる中華とフランス料理は安くて美味しいものが多いです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。