ベトナムの北朝鮮レストラン~働く女性たちのなぞ~

今現在進行形、ベトナムハノイで米朝首脳会談が行われています。

会談内容が気になるところでありますが、

時々、北朝鮮にはオリンピックや世界選手権なんかで選手より注目される人たちがいますね。

それは北朝鮮の「美人さん」「美女軍団」です。

北朝鮮美女軍団が多いのはなぜ!夜の接待や呼び名がやばい!下専門の噂 ...

会談の詳しい中身はまだわかりませんが、北朝鮮と聞くと「美人が多い」ということをまず思い浮かべてしまいます。

気になるあの北朝鮮の美人さんたちに会える場所が実はベトナムにもあります。

それは「北朝鮮レストラン」です。

(北朝鮮は国交のある国で自国のレストランを置いて、外貨獲得の手段にしています。)

そんなベトナムにある北朝鮮レストランのレストランがあります。

(以前はホーチミンに1件、ダナンに1件ありましたが、現在は経営不振のためどちらも閉店したそうです。)

北朝鮮とベトナムの関係についてすこし考えてみました。

現在はハノイに2件あります。

今回はその北朝鮮レストランとそこで働く女性たちについてまとめてみました。

*ただし行くことに関しては自己責任でお願いします。

北朝鮮と日本の国交は断絶されています。

北朝鮮レストランについて

北朝鮮は外貨獲得のため、国交のある国に、国営レストランを何軒か置いています。

そこではめったに食べることのできない北朝鮮の料理や、お酒を堪能できるだけではなく、

滅多に会うことのできない北朝鮮の女性、

それも特別な美人さんたちに会うことができるのが特徴です。

北朝鮮独自のパフォーマンスを見ることができる。出典:ベトナビ

働く女性たちについて

そこで働いている女性は、北朝鮮ではエリートクラスに入ります。

北朝鮮の国民は自由に海外を渡航することはできないので、

海外に行けるというのは本当に特別な身分の人たちだけです。

(北朝鮮には出身成分というものがあり、出身成分によって人生が変わってくるそうです。ピョンヤンに住んでいる人はみんな特権階級の人たちです。)

彼女たちは小さいころから北朝鮮の政府が目を付けて育てた

美人で教養の高い女性たちです

彼女たちは政府から、立ち振る舞い、教養、歌、踊り、楽器などを仕込まれ、

それぞれの持ち場に振り分けられていきます。

(国内外の外国人向けレストランや、国の芸術団などなど)

ここで働く女性たちは外貨獲得という国の使命を帯びてやってくるのです。

出典:ベトナムナビ

スポンサードリンク

彼女たちの生活は?

北朝鮮には海外渡航の自由はありません。

もっと言うと外国人と自由に話す権利もありません。

なので彼女たちは外国に来てもあまり外出したりすることはないそうです。

外出できたとしても、

逃亡するチャンスができることがないように監視された生活を送っています。

出典:ベトナムナビ 笑顔の裏に厳しい現実を持っている彼女たち

(中にはお客さんと駆け落ちしたり、集団で亡命するという事件も起きています。

捕まったら最後、命はないので、かなり命がけです。)

生活費や食事は政府が面倒を見てくれ、お給料も出るそうですが、何割か国がピンハネしていくそうです。

お給料をなるべく使わないように生活し、たくさん貯めて国に帰れば北朝鮮ではかなり大金になるそうです。

逃亡して自由を得るのか、お金をためて安全に国に帰るか・・かなり迷うところです。

ベトナムにある北朝鮮レストラン

名前:ピョンヤン館

住所:28 Nguyen Thi Dinh Street, Trung Hoa Ward, Cau Giay District, Hanoi

出典:GOTRIP

ベトナムで一番お客さんの多い北朝鮮レストランだそうです。

ベトナム人のお客さんのほかに韓国人男性も多いそうです。

北朝鮮の女性の古風でしとやかな立ち振る舞いが男性たちの心をつかんでいるようですね。

↓中国の北朝鮮レストランで行われているショーです。

出典:FURAIBOさん

北朝鮮レストランのショー(1/2) The NorthKorean Restaurant in China 1 of 2.
北朝鮮レストランのショー(2/2) , The NorthKorean Restaurant in China 2 of 2.

まとめ

謎の多い国、北朝鮮の雰囲気を味わえるのは間違いないでしょうが、

北朝鮮はあくまでも日本との国交はなく、

ここで得たお金は北朝鮮の核ミサイル開発などに使われていることを忘れず!

行ってみたければ一度ぐらい行ってみるのもいいかもしれません。

くれぐれも飲みすぎにはお気をつけて!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。