ベトナムの宗教




ベトナムでは信教の自由は完全に保証されており、誰がどの宗教を信じていようがベトナム人はあまり気にしませんし、宗教上の差別は一切ないと言い切れます。

しかし日本と比べて、自分がどの宗教に属しているかというは明確に持っている人が多いです。ほかの人に自分の宗教を進めてくることはありませんが、自分の宗教の決まりごとについてはきちんと守っている人も多いです。

今日はそんなベトナム人と宗教についてお伝えします。

スポンサードリンク

割合1位 仏教

ホーチミン市で一番大きいVinh Nghiem寺。日本との交流が深いお寺としても有名。中には信者、向けのベジタリアンレストランもある。

住所:339 Nam Kỳ Khởi Nghĩa, Phường 14, Quận 3, Hồ Chí Minh

ベトナム人のは7割から8割は仏教です。ベトナムのどの町にも必ずお寺があり、仏教徒のご家庭にはかならず日本でいう仏壇があります。(でも日本の仏壇よりもカラフルで、明るい雰囲気)さらに中国の儒教の影響もあり、ご先祖様を大切にする文化がありますので、仏壇には亡くなったご先祖様の写真が飾られていることも多いです。

旧正月の飾り。スイカを飾るのが習慣

ベトナムでは熱心な仏教徒の方が多く、日本よりも「ベジタリアン(肉や魚を食べない)」の方が多いです。

なのでホーチミン市にはおいしいベジタリアンレストランがけっこうあります。

また、自分の誕生日に応じて身を潔斎する日というのがあり、その日はベジタリアンではなくとも、肉・魚・卵などは一切口にしません。

ベトナムのお寺は日本のお寺に比べるとカラフルで、電飾でピカピカさせているのが特徴です。

またお寺で貧しい家の子供を預かることもしていて、その子供たちは将来僧または尼さんになる場合がほとんどだそうです。

割合2位 キリスト教(カトリック)

ベトナムは19世紀から20世紀中旬ごろまでフランスインドシナ領としてフランスの植民地支配を受けていました。

ベトナムに西洋風の古い建築物が残っているのはそのためです。

ホーチミンを象徴する聖マリア教会。1880年に完成。フランス人建築家によって建てられた。

住所:01 Công xã Paris, Bến Nghé, Quận 1, Quận 1 Hồ Chí Minh

フランスの支配やフランスに反旗を翻す者への支配は過酷でしたが、植民地化した際に、現在のベトナム文化に欠かせない、コーヒー、フランスパン、プリン、クオッグー(ベトナム式アルファベット)などを残したのもフランスです。同時にキリスト教も持ち込まれました。現在もフランス統治時代を思わせる美しい教会建築物が、ベトナムの各地にあります。

ダラットを象徴する、ダラット大教会。こちらもフランス植民地時代に建てられたもの

住所:15 Trần Phú, Phường 3, Thành phố Đà Lạt, Lâm Đồng

https://hebi-hi-me.com/2019/01/25/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%82%92%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%aa%e3%82%89%e3%80%80%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%9f%e3%83%b3%e7%b7%a8/

ベトナムのキリスト教は主にカトリックのことを指します。日曜日になると、各町の教会には、教会に入りきらないぐらいの信者の方が礼拝に行かれています。

全人口の6.87%がカトリックの人口とされています。日本のキリスト教の人口は0.1%とされていますから、日本の60倍の方がキリスト教徒になるわけですね!

教会も基本的には信者の方でもなくても入れますが、礼拝中は邪魔にならないようにする。宗教施設への敬意を払ったうえで入るようにしましょう。

  • スポンサードリンク

3位以下 イスラム教、カオダイ教

仏教徒とキリスト教徒で大半を占めるベトナムですが、イスラム教徒の方やそのほかローカルな宗教に属している方もいます。

イスラム教徒の方のために、ホーチミン市にはモスクがいくつかあります。

ホーチミン市の一区にあるモスク。信者でなくとも入れるが、女性が入るときは肌を出さない服装で、髪を隠すようにしましょう。また礼拝堂に入れるのは男性のみだそうです。

住所:66 Dong Du St., Dist.1, Ho Chi Minh City

イスラム教徒の方のためのハラール(イスラム教で食べて良いとされているもの)レストランも数多くあります。ホーチミンではどんな宗教の方が住んでいても困らないですね!

また、ベトナムの地方にはその土地ならではの宗教があり、中でも有名なのが「カオダイ教」です。

ベトナムタイニン省にあるカオダイ教の寺院

ベトナムタイニン省のローカル宗教で、タイニン省の7割がカオダイ教の信者と言われています。

礼拝の様子。信者は白いアオザイを着て礼拝する。

カオダイ教の象徴は

天の目がすべてお見通し・・なんか怖い・・・出典:https://vietnam.navi.com/miru/238/

この天の目はすべてを宇宙とつながっていてすべてを見通すのだとか・・(確かにこんな目に見られたら悪いことできない。)

ちなみにこのカオダイ教はキリスト教、仏教、イスラム教など既存の宗教の教えを元にしてできたそうです。

住所:Toa Thanh Tay Ninh, Huyen Hoa Thanh, Tinh Tay Ninh

タイニン省はホーチミン市から120キロほど離れたところにあります。信者でなくとも入ることは可能ですが、礼拝中は静かにしましょう。タイニン省へはバスで行くことができます。

まとめ

ベトナムでは一応仏教徒が一番多いですが、それ以外の宗教も共存しており、基本的にどの宗教信じていても問題ありません。宗教施設を観光することも一般的に行われていますが、宗教施設は神聖な場所でもあるので、見に行かれる際は注意事項を守ってくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。