ベトナム人初の世界長者番付トップ200に入った人ってどんな人?




経済発展著しいベトナムでは、年々長者と呼ばれる人が増えていっています。

その中で2月16日米経済フォーブスが発表した2月16日時点での世界長者番付に、ベトナムの不動産開発大手ビングループ(Vingroup)のファム・ニャット・ブオン(Pham Nhat Vuong)会長がベトナム人初トップ200にランクインしました!

出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=107323480316375&set=a.107323500316373&type=3&theater

会長の総資産は?

旧正月前は66億USD(約7300億円)

テト後に75億USD(約8300億円)に増やしています!なんかお金が多すぎてよくわかりません!

長者番付の順位は198位です!

会長の経歴は?

ブオン会長はロシアの大学を卒業。

その後、ウクライナでインスタントラーメンの会社を起業して軌道に乗せた後、ネスレに会社を売却しベトナムに帰国。

その後は不動産を中心にいろいろな事業で成功を収めています。

ビングループはブオン会長が一代で築いた会社だということだからすごいですよね!

ベトナムでは現在不動産の価格がどんどん上がっており、投資も盛んです。バブル期の日本とかぶるところはありますが、ホーチミン市などの都市部の不動産価格は1年で倍になったりしています。

その他の日用品も毎年値上がりしていますが、給料も上がっていっているので日本の高度経済成長期を思わせるところがあるかと思います。

(蛇姫の給料は2年で2・5倍になりました。)

ベトナムで不動産を買って高く売却すること、それをもとに投資することが時代にあっているんでしょうね!

エネルギー溢れるベトナム

他にも長者番付には格安航空会社ベトジェットエアのグエン・ティ・フオン・タオ(Nguyen Thi Phong Thao)社長とチュオンハイ自動車のチャン・バーズオン(Tran Ba Duong)会長が入っています。

ベトナムの経済成長率は2015年~2017年に平均GDP成長率が6.5%(日本は同時期で1・3%)2018年の成長率は7・08%とまさに経済成長の真っただ中です!2018年の成長率は過去10年で最高だったそうです。

町を歩けば若者にあたる・・というくらい若い人が多く、町はいつも活気にあふれていて、将来は成功しようという志をもった若者がたくさんいます。

(ベトナムの平均年齢は30歳)

ベトナムはチャンスであふれている?

そんな経済成長著しいベトナムには多くの外資系企業、日系企業が乗り込み、優秀なベトナム人獲得にしのぎを削っています。

(ベトナムの若者の間では英語が話せて当たり前!

そのうえで何かもう一つ外国語が話せるようになることで自分に付加価値を付けている子が多くいます。)

また親日な人が多く、日本人が暮らしやすい場所でもあります。日本の製品や日系の美容室、日本料理、日本のファッションなんかも人気があります!

今のベトナム人の若者!特にホーチミンっ子は新しいもの好きで、外国のものや価値のある技術にはお金を惜しみません。

もっと頑張れば明日はもっと豊かになる!っという昔の日本のような雰囲気があります。

ホーチミンにある高島屋やイオンは連日お客さんでにぎわっています。

ちょっと高くてあたらしくて頑張れば手に入りそうなもの!これをもってベトナムに入ればあなたも成功するかもしれません!

ベトナムドリームをつかみたいあなた!日本の技術と誇りを持ってベトナムで一旗あげてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。