ベトナムに住むなら、働くなら




ベトナムに住むという選択

ベトナムに4年住んだ経験から思うこと・・

ベトナムは日本人にとって住みやすい、働きやすいということ。

ベトナム人は親日の人が多く、差別されたりとか、不当な扱いをうけることがないことです。(ぼったくりなんかは別です。)

日本人であることはベトナムではけっこう役に立つことが多く、住んでいてものすごい嫌な目にあったということはないです。(ぼったくりは別です。あれは何人でも関係ありません。)

現在、ベトナムに住む日本人も、ベトナムで働く日本人もどんどん増えています。

また日本に来るベトナム人も増えており、日本語学習者も増えています。

本日のブログではベトナムに住んで働くことについてお届けします。

スポンサードリンク

ベトナム人の平均月収

ベトナム人の平均初任給は3万から5万程度と言われています。

しかし日本より実力主義的なところもあるので、実力があればそれより高い給料をもらう新人も多くいます。日本より実力主義です。

しかし公務員の給料は極めて安く、政府の幹部クラスでも10万程度、初任給に至っては1万円にも満たないのが現実にあります。(だから賄賂が横行します。)

ベトナムでの家賃

ベトナムでの生活は安く抑えようと思えばとことん安く抑えられます。きれいじゃなくてもいいなら、1万円に満たない家賃で住める場所もけっこうあります。最近は物価も上がってきたので、家賃も上がってきたとは思いますが、まだ日本よりは安いところが多いです。

もちろん、駐在員の方が住むような場所は日本より高かったりしますが、地元の人と同じような場所でアパートを借りれば大して高くありません。

ホーチミンならば3区、5区あたりになるでしょう。ホーチミン市の3区は1区からも近いので住むのにおすすめの場所です。

1区は中心街のため高く、2区は高級住宅街として知られています。

ただし高かろうと安かろうと、ベトナムの水回りはトラブルが絶えません

蛇姫のうちの台所の水道は1年に6回ぐらい壊れました。そこは覚悟しておきましょう。

スポンサードリンク

ベトナムでの生活費

ローカルで生活すれば生活費は安く抑えられます。

特に食費は安く抑えようと思えばとことん安く抑えられます。

ローカルなレストラン、屋台は1万ドン~10万ドン(50円~500円)程度です。

1食200~300円と考えて、一日800円×30日=24000円程度ですね。

自炊すればもっと安くすることもできますし、安全な食材が買いたい!となればちょっと高めのオーガニックスーパーも多々あります。

安全な野菜が買いたいなら高島屋の地下にるスーパーにもいい野菜やお肉が売っています。

92-94Nam ky khoi NghiaOuan1が住所です。

ローカルな居酒屋でおなかいっぱい飲み食いしても一人あたり1500円程度で済みます。

水道代や電気代も月1000円から2000円程度とみておきましょう(ローカルの場合)

食事代で1万から3万、

電気ガスで月3000円、

家賃を2万程度に抑え

その他携帯電話の代金を蛇姫は月1000円程度に抑え、

遊びのお金に2万ぐらい・・ 月5万程度で生活ですかね。

バイクや車を買って使うのであればその分のお金もかかりますが、ガソリン代は日本より安いです。

スポンサードリンク

ベトナムで働くこと

ベトナムで働く方法は大きくわけて2つあります。

1 現地採用→直接現地の会社に応募する方法

2 駐在員として行く→会社の派遣

の大きく二つになります。

現地採用の場合

・日本語の先生→日本語学校はピンからキリまであります。

・旅行会社の社員→HISが多い

・人材派遣会社の社員

などが比較的採用されやすいです。

日本語学校の先生になる場合は日本語講師の取得が必須なので、もし日本語講師になりたい場合は専門学校もしくは大学でその過程を修了しておかなければなりません。

その他の現地採用は基本的に大卒であれば問題ありません。

ただし駐在員より給料は低めになります。その分ローカルで生活せざるを得ないので、現地の生活を経験して楽しんでみたい方はこちらがいいでしょう。

ローカルはたまに、日本での生活水準を落としたくないというなら、お金持ちになってベトナムで生活するしかありません。一区あたりでは日本の水準以上のマンションや日本のレストランがたくさんあって比較的に日本と変わらない生活ができますが、その分ローカルな楽しみは減ります。日本でいうと六本木や東京のお金持ちゾーンにいるのと変わらない感じです。

1区に行くと、まるで日本みたいな感じ

まとめ

どんな形で住むかによってベトナムでの生活は大きく変わります。

ベトナムでも都市部ではお金さへ出せば日本と変わらない生活が送れます。(水質だけはどうにもなりませんが。)

安く抑えたいのなら、いくらでも安く抑えられます。(安全性はさておき)

ザ!ベトナム人と深ーくかかわってベトナム語を覚えたいというなら、

少々不便でもローカルな生活をしていくことをおすすめします。

それはちょっと無理だという人は、お金を出しましょう!

何がともあれ、ベトナム人の仲良しを早く見つけることがベトナム生活を楽しくする秘訣でしょう!

次のブログではベトナム人と仲良くなるにはどうしたらいいのかお届けいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。