世界遺産の町 ホイアンの町 その① 行き方




ベトナムには世界遺産が三つあります。

  1. ハロン湾 (ベトナム北部に位置 1994年世界遺産登録)
  2. ミーソン遺跡(ベトナム中部に位置 1999年世界遺産登録)
  3. ホイアンの町(ベトナム中部に位置 1999年世界遺産登録)

の三つです。

中でもホイアンの旧市街は歴史的に日本人との関わりが深く、日本人が作ったといわれる建物が多数存在しています。ベトナムに行ったなら、必ず行くべき場所の一つです。

本日のブログでは、このホイアンの町への行き方をまずお伝えします。

情緒あふれるホイアンの町の風景

スポンサードリンク

ホイアンは何処にある?

ホイアンはベトナム中部にあります。ちなみにホーチミンは南部、ハノイは北部にあります。

ホイアンに行くためにはまず、ベトナム中部最大都市のダナンへ行きます。日本⇆ダナンは成田発、関西発両方あります。

(ちなみにダナンはビーチの美しい町で、海鮮がおいしいです。ホイアンへ行くならダナンも楽しんだ方がいいでしょう。)

朝早く海に行くと地元の人たちと泳ぐことができます。(同僚とはしゃいでいる筆者です。)

ダナンの名所、ドラゴン橋を背景に

ダナンの空港に着いてからホイアンに行く方法は三つあります。

泊まるホテルに迎えに来てもらう

    • 1番安全で確実な方法です。予約するときに、一緒に空港にお迎えに来てもらうようメールなどでお願いするといいでしょう。値段は高くても5000円ぐらいです。ホイアンにはこじんまりとしたいいホテルが沢山あります。ホイアンに行くなら絶対泊まった方がいい!ホイアンの魅力は夜にあります。
    • タクシーで行く

    • 空港にはもちろん観光客を待ちわびるタクシーがたくさんいますから、タクシーに困ることはありませんが、そのタクシーがいいか悪いかは正直運です。正規の料金で行けば高くても3000円程度です。ちなみにタクシーを使うならMailin かVinasunをお勧めします。
    • Grap taxiを使う

    • ベトナムで移動するならこれが1番です。安全でぼったくりなし。他のタクシーの半分以下の料金で行けます。ベトナムに行くならグラップアプリをダウンロードすることをお勧めします。ただしドライバーから電話がかかってきた場合、ドライバーに居場所を伝えないといけないので、ベトナム語がわからない場合は周りの人に助けを求めるといいでしょう。大概みんな助けてくれます。

  • ローカルバスを使う

  • 1番安い方法です。片道なんと8000ドン(40円)バスに乗る場合はまず、ダナン大聖堂までタクシーで行きます。ダナン大聖堂の側にホイアン行きのバス停があります。空港からバス停まで二万ドンぐらい(100円)です。
  • しかし、ローカルバスの注意点

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。