ベトナムのお正月 ~テトについて~




テト中にすることと注意

テトの過ごし方で一年の運勢が決まるという風にベトナム人は考えています。もしベトナム人のお宅に招かれて新年を過ごすことがあるなら、以下のことに注意しましょう。

1 テト中は縁起の悪いことは言わない

テト期間中には悪いことは言わない、いいことを言うというのが鉄則です。悪いこと(会社の業績が悪い、病気になった。)を言うと、運勢が下がるといわれているので、三が日は悪いことは言わないようにしましょう。

2 明るい色の服を着る

ベトナム人は普段から明るい色の服が好きですが、テト期間中はとくにその傾向が強いので、赤や黄色ピンクなどの明るい色を身に付けましょう。

3 ゴミを捨てない

テト中に外に物を出すと運気が下がると考えられているので、テト期間中はまちがってもごみを外に出したりしないようにしましょう。怒られますよ。

4 何を出されても飲んで食べよう(キャベジンの用意を)

テト期間中に外国人がうちに来ることは珍しくていいことである、今年はいいことがあるとされ、外国人は歓迎されます。うれしいことですが、テト期間中ベトナム人は一日中飲んで、食べて、お客さんにも出し手を繰り返します。お客さんになる外国人にはひっきりなしに料理とお酒をすすめてくるので、いつもおなかいっぱいで二日酔いのような状態になることもしばしば・・。しかしそこは仲良くなるため!たくさん食べて飲んで、一緒に歌って!キャベジンとウコンを用意して、テトをを乗り切りましょう。

スポンサードリンク

その他テトの面白い習慣

・お店をやっている人の場合、新年の最初のお客さんが自分の干支(ベトナムにも干支があります。)と同じ場合、運気が上昇すると言われているので、一年の最初に誰が最初のお客さんになるかというのをあらかじめ決めてあります。もしお願いされたら、快く引き受けてあげましょう。

ちなみにベトナムの干支では、いのしし→豚 未→山羊という違いがあります。

・テト期間中は警察官も取り締まりを行いません。いつもは厳しい警察官ですが、テト期間中だけは少々のことも目をつむって許してくれます。だからと言って悪いことはしないでくださいね。

スポンサードリンク
いかがでしたか?ベトナム人と仲良くなって、テトにうちに招かれると面白い経験ができると思います。しかし観光客の方はテト期間中に来ることは絶対におすすめしません。お店はやっていないし、観光地もたいがい閉まっています。さらにホテルもいつもの倍の値段をするのが当たり前なので、ベトナムを旅行しようと思ったら、テト期間にかぶっていないか確認してから行ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。